広告

 

> > > > >

 

パソコンの買い替えや処分をする時の注意点と確認するべきポイントとは?

 

クエスチョン

パソコンの買い替えや処分で確認することは?

アンサー

新しいパソコンを購入する時は、使用目的に合ったものを購入するべきです。あまり使う機会がないのであればコンパクトで安価なノートパソコン、仕事で使う場合、データ容量が多い機能重視のデスクトップパソコンのように考えて購入すれば失敗はなくなります。

 

 

目次

 

パソコンの回収が行われるのはいいのですが、その行方はどうなっているのでしょうか?もしかして、不法投棄されているということはないのでしょうか。その実態を把握しておくことで、安心ですね。

 

  • 回収されたパソコンの行方
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    回収されるパソコンの行方とは?


    パソコンを使用している所は会社だけでなく

    一般家庭にまで普及しています。ここで問題になってくるのは、故障などしていらなくなったパソコンが増えるので、どのように処分するかという問題です。最近、不要になったパソコンを回収してくれるというサービスをしている業者が出てきています。ところでこのいらなくなったパソコンは回収されると、どのようにして処分されるのでしょうか?もしまだ使えるパソコンであれば、キレイにクリーニングをしたうえで中古品として販売されることもあります。ではもし、故障して使えなくなってしまったパソコンの場合には、どう処理をするのでしょうか?

     

    もし使えなくなってしまったパソコンであれば、

    いったん分解されて、各パーツに分けていきます。筐体やブラウン管、液晶、ユニット部品、ケーブルなどに分解されています。ここでもしパーツとして再利用可能なものがあれば、ここでえり分けられます。そのうえで、検査や機能アップなどの加工をした上で保守部品などとして再利用されます。それ以外の部品については、さらに分解などをして全く異なる用途でリユースされるのが一般的です。

     

    金属部品やユニット部品などがあります。これらの部品で、もはやパソコンのパーツとして使用できなくなっているのであれば、まずは破砕をしていきます。そして鉄とそうでない金属とに分類していきます。この状態で再資源化業者の方に渡されます。そして、ここで鉄やアルミ、銅など、素材ごとに分類されて、それぞれに再利用されていきます。筐体などには最近、プラスチックの部品が使われていることも多いです。こちらも破砕をしていき、種類ごとに分類されます。そしてプラスチックの再生業者がありますので、こちらでリユースされています。液晶やブラウン管は、ガラスや金属部品に手を使って、解体するのが一般的です。

     

    ガラスについてですが、

    ガラス再生の専門業者がありますので、そこでカレット化という工程をしていきます。そして今度は、CRTメーカーの方に渡され、CRTディスプレイとして再利用されます。プリント版は、金属精錬所や貴金属回収業者がありますので、こちらに回収してもらいます。そして金や銀、パラジウムと言った貴金属を抽出していきます。その他については、道路で使われている路盤材の材料として転用されます。このように各部品に細かく分解されて、別の用途で使用されるわけです。このようにパソコンは、故障していてもリサイクル効果があるわけです。

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「パソコン」

    パソコンを保存する環境は、一般的に居間や書斎、または勉強部屋でしょう。しかしながら、経年劣化によってどうしても色がくすんだり、あせたりしてしまうので、保管の際にはカバーをかけたり、汚れを定期的に拭き取ったりすることが大切です。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 中古のパソコンの購入価値と処分のポイント
  • パソコンの買い取りを依頼する前に見るチェックポイント
  • パソコンの買い替えで失敗しない為のコツとは?
  • 買い取り業者に人気のパソコンとは?
  • お買い得なアウトレットパソコンの良しと悪し
  • パソコンのレンタルサービスを使うメリットとは?
  • パソコンの下取りサービスを利用する前に見る注意点
  • 安いパソコンを購入する方法と買い換える際の処分について
  • パソコンに含まれるレアアースやレアメタルとは?
  • パソコンの正しい捨て方と賢い方法
  • いらなくなったパソコンの処分をする2つの方法
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンに関する9個のお役立ち情報
  • テレビに関する11のお役立ち情報
  • テレビのリユース、リサイクルに関する7つの項目
  • 冷蔵庫に関する6つのお得な情報や豆知識
  • 洗濯機に関する16のお役立ち情報
  • 不用品処分を依頼する前に確認しておきたい10の項目
  • 不用品のリユース/リサイクルに関する15の項目
  • 各国の人気商品/リユース情報
  • リユースを進めよう
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP