広告

 

> > > >

 

7つのタイプのパソコン回収/処分に関する注意点

 

クエスチョン

パソコンの処分料金はタイプやメーカーによって変わりますか?

アンサー

パソコンを処分するのにリサイクル料金がかかるタイプは2003年10月以前のタイプになります。2003年10月以降に販売された家庭向けパソコンにはリサイクルマークが貼付されているので、廃棄するときに費用はかかりません。

 

リサイクルマークが付いていないタイプは廃棄する時に費用がかかりますので、各メーカーまで料金をご確認ください。

 

Check!!
  • 一般社団法人パソコン3R推進協会
  •  

    目次

     

    パソコンのタイプにより、最適なリサイクル/リユース方法が変わってきます。パソコンの回収依頼をする前に処分方法、注意点を確認しておくことをお勧めしています。

     

    チェック

     

  • デスクトップパソコン
  • ディスプレイ
  • 自作パソコン
  • モバイルパソコン
  • ノートパソコン
  • 周辺機器
  • タブレット型
  •  

     

     

    デスクトップパソコンの処分をする前に見る知識と情報

     

    デスクトップ

     

    使わなくなったデスクトップパソコンを処分しようと思っている人もいるでしょう。デスクトップパソコンの処分方法にはいろいろな方法があるのですが、まず処分をしようと思っているパソコンがいつ製造されたものであるかどうかをチェックしましょう。平成15年以降かそれ以前に作られたデスクトップパソコンによって、対処が変わってきます。

     

    まずデスクトップパソコンに、PCリサイクルマークが付いているかどうか確認をしましょう。もし「PCリサイクルマーク」の付いているデスクトップパソコンを処分するのであれば、無料で回収を依頼できます。平成15年10月以降に購入したデスクトップパソコンであれば、PCリサイクルマークが付いているはずですので、チェックしておきましょう。

     

    もしPCリサイクルマークの付いていない、かなり形式の古いデスクトップパソコンを処分しようと思っているのであれば、リサイクル料金を負担しないといけません。パソコンの中でもリサイクルの対象となるのは、パソコンとディスプレイになります。液晶ディスプレイやCRTディスプレイを使っているのであれば、パソコン本体とディスプレイそれぞれに料金が発生してしまいます。現在の所、それぞれに3150円がかかるルールとなっています。つまりデスクトップパソコンを処分する場合、PCリサイクルマークの付いていない機種であれば合計で6300円もの負担をしないといけなくなります。

     

    最近では、パソコンの回収を行っている業者もあります。このような業者に回収の依頼をすると、無料で回収してくれます。もしPCリサイクルマークの付いていないデスクトップパソコンを処分するのであれば、回収専門業者に依頼をすることです。そうすれば先に紹介した6300円の負担を免れられます。

     

    回収業者では、パソコンを分解して原料ごとに分けます。この原料を売却することによって利益が得られるので、無料でも回収してくれるわけです。デスクトップパソコンの回収を依頼する時には、データ消去をしてくれるかどうか確認をすることです。中には、パソコンが起動しなくなったので処分をしようと思っている人もいるでしょう。その場合パソコン自体が故障しているのだから、データ消去する必要がないと思っている人もいるでしょう。しかしこのような場合でも、特殊な方法を使えばデータを取り出すことができます。ですから、きちんとデータの消去を行ってくれるようなパソコン回収業者に作業の依頼をする必要があります。

     

     

    パソコンのディスプレイを賢く処分する方法

     

    デスクトップ型のパソコンを購入する時には、液晶ディスプレイも購入する必要があります。液晶ディスプレイを購入する時には、まずパネルサイズをどうするかを考えていく必要があります。パネルサイズは、ある程度の大きさがあった方がいいでしょう。その方がやはり画面が見やすいからです。しかしあまりに大きすぎてしまうと、今度は机に設置できなくなってしまいます。そう考えると、17~19型のサイズの液晶ディスプレイを購入した方がいいでしょう。15型になると、少し小ささを意識してしまう人が多いのではないでしょうか?

     

    液晶モニター

     

    液晶ディスプレイの中には、ワイド画面に対応しているタイプのものもあります。もしワイド画面で見たいのであれば、左右にそれなりの幅のある液晶ディスプレイを探しましょう。そうすれば、左右に広く使用することが可能です。例えばパソコンで作業をしている時などは、左右に半分ずつ使って文書を広げることも可能です。そうすれば、左に書かれている情報を基にして、右の文書で作業をするなどの行為も可能になります。もしワイド画面の液晶ディスプレイを探すのであれば、通常の画面と比較して4つ型を大きくしたものを選ぶといいと言われています。通常は上で紹介したように、17~19型のサイズのものが良かったので、21~23型の液晶ディスプレイの方がワイド画面の場合には見やすいことになります。

     

    この液晶ディスプレイですが、もし不要になった場合には処分をする必要があります。「PCリサイクルマーク」が付いている液晶ディスプレイであれば問題ありませんが、PCリサイクルマークの付いていない液晶ディスプレイの場合、メーカーに処分依頼をするとリサイクル料の負担をしないといけなくなります。通常液晶ディスプレイの場合、3150円を負担しないといけません。中にはもう少し古いタイプのディスプレイを使用している人もいるかもしれません。CRTモニターのようなブラウン管を使用しているタイプのものであれば、リサイクル料が少しかかってしまいます。4200円のリサイクル料になります。

     

    しかしこれはあくまでも、メーカーに処分依頼をした場合にかかるコストです。最近では、パソコンの回収を専門的に行っている業者もあります。このようなパソコン回収業者の処分の依頼をすれば、無料で引き取ってくれる所も中にはあります。3150円とか4200円と言った費用の負担を節約できるので、回収業者に処分を依頼すべきかもしれません。

     

     

    自作パソコンの処分方法は?

     

    パソコンユーザーの中には、自作パソコンを使っている人も多いはずです。自作パソコンにはいろいろなメリットがあります。まずは、カスタマイズを比較的簡単に行えるメリットがあります。メーカーのパソコンの場合、独自の規格で製造されているので、もし故障をしたら部品を探すのに苦労することもあります。自作パソコンであれば、すべて統一した規格で制作が可能です。このためパソコンショップなどに行って、手軽に部品の交換ができます。他にも自作パソコンを制作することによって、HDDなどの増設も比較的簡単にできます。つまりメーカーパソコンと比較すると、拡張性に優れていると言えます。

     

    しかし自作パソコンにはデメリットもあることを認識しておきましょう。その中でも大きいのは、自作パソコンは処分するのに手間がかかってしまう可能性がある点です。まず自治体の方で自作パソコンの回収依頼を出しても、対応してくれない可能性が高いです。またメーカーにパソコンの回収を依頼すると言っても、そもそもメーカーパソコンではないので、どこに処分の依頼を出していいか分かりません。

     

    また自治体によって、自作パソコンの取り扱いが変わってくることもあるようです。中にはリサイクルの対象外になってしまうこともあるようです。そうすると、自治体によって、粗大ゴミ扱いになる所もあれば、不可燃ごみとして処分をする所もあると言います。このように自治体ごとで対処も変わってきますので、いちいち自作パソコンの処分方法について、確認する必要があります。中には、いろいろな関係機関をたらいまわしにされてしまって、らちが明かないような状況に陥ってしまったという人もいるようです。

     

    もし自作パソコンをどのようにして処分をすればいいのか分からないと感じているのであれば、パソコン回収業者に依頼をしてみましょう。自作パソコンであっても、回収して適切に処分してくれる業者もたくさんあります。業者に問い合わせをして回収可能と言われたら、段ボール箱に自作パソコンを詰めて業者に送れば処分をしてくれます。基本的にこのような業者では、無料で処分をしてくれます。送料の負担はあるかもしれませんが、最小限のコストで処分ができるので重宝するはずです。マザーボードなどが壊れてしまっていても、段ボールの中に壊れた状態のままで詰めて郵送すれば、業者で適切に処分をしてくれます。壊れた自作パソコンの取り扱いに困っているのであれば、回収業者を利用してみましょう。

     

     

    モバイルパソコンの回収/処分に関する注意点

     

    電気量販店などに行ってみると、安い価格でコンパクトタイプのノートパソコンが販売されている光景によく出くわすはずです。このようなミニノートパソコンのことをモバイルパソコンとかネットブックなどと呼びます。モバイルパソコンの特徴として、とにかくコンパクトなので持ち運びしやすいことが挙げられます。しかも無料LANが搭載されているタイプのパソコンが多いのも、モバイルパソコンの特徴と言えます。ですから、自宅の中はもちろんのこと、仕事先や公共施設で無線LANが使える所であれば、いつでも手軽にパソコンを使って作業ができます。

     

    モバイルパソコンを見てみると、ハードディスクタイプでないものが多いです。フラッシュメモリドライブを採用しています。ハードディスクの場合、どうしてもパソコンを起動させるときに大きな音がたつことが多いです。しかしフラッシュメモリドライブを採用しているので、音が非常に静かです。またOSの軌道までにかかる時間も短いです。メインのパソコンとしては、データなどを大量に保存できないので使い勝手が悪いかもしれませんが、サブのパソコンとしては非常に重宝します。例えば、自宅ではメインのパソコンを使って、移動するときのちょっとした時間を利用してモバイルパソコンを使用する人は多いはずです。

     

    中にはモバイルパソコンが壊れてしまったとか、スペックに不満があるのでバージョンアップしたものに変えたいと思っている人もいるでしょう。その場合には、古くなったモバイルパソコンの処分をする必要があります。

     

    まだ使用できるモバイルパソコンを処分するのであれば、買取業者に査定のお願いをしてみましょう。もしまだ使えて比較的新しいモデルのモバイルパソコンであれば、買取してくれる可能性もあります。買取額を次のモバイルパソコンの購入費用に充てれば、負担を多少なりとも軽減できるのではないでしょうか?もしモバイルパソコンが完璧に故障してしまった、上で紹介した買取業者に依頼をしても買取価格が付かなかった場合には、パソコン回収業者に回収のお願いをしてみましょう。そうすれば、無料であなたのモバイルパソコンの処分をしてくれます。中にはモバイルパソコンの中にいろいろなデータを入れているケースもあるかもしれません。その場合でも回収業者に処分の依頼をすれば、データ消去を無料で行ってくれます。データをそのままにしておくと悪用される恐れがあるので、データの消去作業をきちんと行ってくれる業者を探すことが重要です。

     

     

    ノートパソコンの回収依頼をする際の注意点

     

    ノートパソコン

     

    平成15年から資源有効利用促進法と言う法律が施行されています。この法律の中で、パソコンはメーカーがいらなくなったものを回収して、リサイクルすることが義務付けられています。通常平成15年以降のパソコンであれば、購入価格の中に、リサイクルをする時にかかるコストの分が上乗せされていることが多いです。このため、回収の依頼をする時には、どこに回収をお願いしてもコストが別途で発生することはありません。しかし平成15年以前のパソコンをそのままにしているのであれば、料金を請求される可能性がありますので注意して下さい。

     

    ノートパソコンの場合、3150円のリサイクル料金を負担しないといけません。ちなみにデスクトップパソコンの場合、本体部分と液晶ディスプレイは別途でリサイクル料金を請求されます。つまり6300円コスト負担をしないといけませんので、ノートパソコンの方がかかるコストを少なくできるメリットがあります。ちなみにリサイクルの対象になるのは、デスクトップタイプのパソコンやノートパソコン、ディスプレイです。プリンターやマウスと言った周辺機器については、リサイクルの対象にはなりません。各自治体によってゴミ捨てのルールは微妙に異なってきますが、粗大ゴミや不燃ごみとして処分することができるはずです。

     

    ノートパソコンの場合ですが、地域の廃棄業者に回収を依頼することもできます。その他には処分するパソコンのメーカーに処分の依頼をすることも可能です。しかしできることなら、ノートパソコンを専門的に取り扱っている回収業者に回収の依頼をしましょう。なぜなら、データの消去サービスを無料で行ってくれる所が多いからです。

     

    ノートパソコンのデータ消去を自分で行う場合には、データ消去ソフトを使ったり、ハードディスクをパソコンから取り出したりする方法があります。しかしノートパソコンの場合、ハードディスクを本体から取り出すのに苦労する可能性があります。またパソコンを分解してハードディスクの取り出しが素人では不可能なケースもあります。回収業者にお願いをすれば、プロが無料でデータの消去を実施してくれます。データがもし他人に流出してしまった場合、いろいろとトラブルに巻き込まれる可能性もあります。そのようなことを考えると、データの消去をきちんと行ってくれるパソコン回収業者に依頼をした方が安心です。中には宅配便で業者に送って処分ができるシステムになっている所もあって、それほど手続きも面倒ではありません。

     

     

    パソコンの周辺機器を処分する時のポイント

     

    パソコンを使用する時には、パソコンだけを使用する人は少ないでしょう。周辺機器とも言われますが、関係する機器なども駆使して、作業するのではないでしょうか?例えば、プリンターを購入している人は多いのではないでしょうか?仕事をしている時には、文書などを紙に起こす時に使用している人が多いはずです。また自宅でも、プリンターを利用している人は多いはずです。年賀状などは最近では、パソコンで作成したものを使っている人が多いです。年賀状をプリントアウトするために、プリンターを愛用している人も多いです。

     

    プリンターを選ぶ時ですが、性能で比較してみましょう。基本的に性能が上がれば、価格も高くなると思って下さい。しかし個人で使うレベルであれば、リーズナブルな価格のプリンターでも、十分な画質を出すことは十分に可能です。例えば、デジタルカメラで撮影した写真をプリントアウトした場合でも、リーズナブルな価格のプリンターでも十分な画質を表現できるような機種もたくさんあります。写真の印刷をするのであれば、2~3万円程度で販売されているような機種でも、十分に満足できるだけの印刷能力をもっていると言えます。

     

    またパソコンで作業するときに、マウスを使っている人も多いでしょう。現在のマウスを見てみると、光学式もしくはレーザー式のものが主流です。光学式の場合、赤外線を使ってマウスを動かします。ですからパッドの上で操作をする場合には、支障はありません。しかし光沢処理されているような机にダイレクトで操作しようとすると、うまくコントロールができなくなる恐れがあります。その場合には、レーザー式のマウスを購入することです。また光学式と比較して、高解像度レーザーが使用されていることが多いです。このため、マウスをより正確に自分のイメージ通りに動かすことができます。

     

    パソコン本体やディスプレイについては、メーカーやパソコン回収業者を使って、リサイクルをしないといけない法律で定められています。しかしパソコンの周辺機器の処分についてですが、不燃物もしくは粗大ゴミとして処分をすることが可能です。ただし、パソコンの周辺機器をどのような扱いで処分するかについては、各自治体によって多少変わってくる可能性があります。そこでもしパソコンの周辺機器を処分しようと思っているのであれば、自治体に問い合わせをしておきましょう。また今後リサイクルの対象範囲が広がる可能性もありますので、最新情報を確認すべきです。

     

     

    タブレット型パソコンの回収を依頼するメリットは?

     

    タブレット

     

    最近では、コンパクトサイズのパソコンがいろいろと登場しています。その中でも注目を集めているパソコンの種類の中の一つに、タブレットパソコンがあります。タブレットパソコンの良い所は、まずコンパクトサイズなので持ち歩く時に便利なことが挙げられます。ネットブックの場合、バッテリーが大きいものが多いので、どうしても重たくなってしまいます。しかしタブレットパソコンの場合、せいぜい600g前後位の重さしかありません。しかもUSBケーブルを使って簡単に充電できます。またバッテリーの寿命が長いので、コンセントなしでも長時間、パソコンを使用できるメリットもあります。

     

    ネットブックと比較して、機種によっては倍以上のバッテリー時間になるケースもあると言われています。しかも通常パソコンは電源を切って再起動をする時には、それなりに時間がかかってしまいます。しかしタブレットパソコンの場合、スリープモードからの立ち上げになりますので、ボタンを押せば簡単に起動させることができます。このようにいろいろな利点をもっているので、タブレットパソコンを愛用している人は結構多いです。

     

    タブレットパソコンを使っている人の中には、そろそろ現在持っているものを処分しようと思っている人もいるのではないでしょうか?もしそうであれば、まずは買取業者に査定の依頼をしてみましょう。上で紹介したように、タブレットパソコンは使い勝手がいいので、中古でも購入したいと思っている人は結構多いです。ですからきちんと使えるようなタブレットパソコンであれば、買取業者の中には買取をしてくれる所もあるかもしれません。ですから使えるタブレットパソコンを処分しようと思っているのであれば、まずは買取業者に依頼をしてみるだけしてみましょう。

     

    中にはタブレットパソコンが壊れてしまっていると言う人もいるでしょう。買取業者に依頼をしてみた所、買取を拒否されるケースももちろんあります。その場合には、回収業者があります。こちらに回収の依頼をすることです。回収業者の良い所は、無料で皆さんのいらなくなったタブレットパソコンを回収してくれる所にあります。郵送して業者に処分の依頼をするケースもあります。この場合には、送料が発生することもあります。しかし送料と言っても、それほど大きなコストにはならないはずです。もし使わなくなったタブレットパソコンがあって、処分に困っているのであれば、回収業者を活用することです。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • パソコンのメーカー別回収方法
  • パソコンの技術、管理
  • 買い替えや処分
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP