広告

不用品処分

 

 

> > > > >

 

7つのタイプのパソコン回収/処分に関する注意点

 

クエスチョン

パソコンの処分料金はタイプやメーカーによって変わりますか?

アンサー

パソコンを処分するのにリサイクル料金がかかるタイプは2003年10月以前のタイプになります。2003年10月以降に販売された家庭向けパソコンにはリサイクルマークが貼付されているので、廃棄するときに費用はかかりません。

 

リサイクルマークが付いていないタイプは廃棄する時に費用がかかりますので、各メーカーまで料金をご確認ください。

 

Check!!
  • 一般社団法人パソコン3R推進協会
  •  

    目次

     

    パソコンのタイプにより、最適なリサイクル/リユース方法が変わってきます。パソコンの回収依頼をする前に処分方法、注意点を確認しておくことをお勧めしています。

     

    チェック

     

  • デスクトップパソコン
  • ディスプレイ
  • 自作パソコン
  • モバイルパソコン
  • ノートパソコン
  • 周辺機器
  • タブレット型
  •  

     

     

    ノートパソコンの回収依頼をする際の注意点


    平成15年から資源有効利用促進法と言う法律が施行

    されています。この法律の中で、パソコンはメーカーがいらなくなったものを回収して、リサイクルすることが義務付けられています。通常平成15年以降のパソコンであれば、購入価格の中に、リサイクルをする時にかかるコストの分が上乗せされていることが多いです。このため、回収の依頼をする時には、どこに回収をお願いしてもコストが別途で発生することはありません。しかし平成15年以前のパソコンをそのままにしているのであれば、料金を請求される可能性がありますので注意して下さい。

     

    ノートパソコンの場合、3150円のリサイクル料金を負担

    しないといけません。ちなみにデスクトップパソコンの場合、本体部分と液晶ディスプレイは別途でリサイクル料金を請求されます。つまり6300円コスト負担をしないといけませんので、ノートパソコンの方がかかるコストを少なくできるメリットがあります。ちなみにリサイクルの対象になるのは、デスクトップタイプのパソコンやノートパソコン、ディスプレイです。プリンターマウスと言った周辺機器については、リサイクルの対象にはなりません。各自治体によってゴミ捨てのルールは微妙に異なってきますが、粗大ゴミや不燃ごみとして処分することができるはずです。

     

    ノートパソコンの場合ですが、

    地域の廃棄業者に回収を依頼することもできます。その他には処分するパソコンのメーカーに処分の依頼をすることも可能です。しかしできることなら、ノートパソコンを専門的に取り扱っている回収業者に回収の依頼をしましょう。なぜなら、データの消去サービスを無料で行ってくれる所が多いからです。

     

    ノートパソコンのデータ消去を自分で行う場合には、データ消去ソフトを使ったり、ハードディスクをパソコンから取り出したりする方法があります。しかしノートパソコンの場合、ハードディスクを本体から取り出すのに苦労する可能性があります。またパソコンを分解してハードディスクの取り出しが素人では不可能なケースもあります。回収業者にお願いをすれば、プロが無料でデータの消去を実施してくれます。データがもし他人に流出してしまった場合、いろいろとトラブルに巻き込まれる可能性もあります。そのようなことを考えると、データの消去をきちんと行ってくれるパソコン回収業者に依頼をした方が安心です。中には宅配便で業者に送って処分ができるシステムになっている所もあって、それほど手続きも面倒ではありません。

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「パソコン」

    パソコンの買い換えを行うタイミングは、買い換えたい時が一番です。しかし、パソコンは2年毎にアーキテクチャの変更が、そして少し経ってからプロセスルールの変更が行われ、新しいパソコンモデルが登場します。それを見据えて旧モデルの安いものを選ぶか、新モデルを選ぶかは人それぞれです。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • デスクトップパソコンの処分をする前に見る知識と情報
  • パソコンのディスプレイを賢く処分する方法
  • 自作パソコンの処分方法は?
  • モバイルパソコンの回収/処分に関する注意点
  • パソコンの周辺機器を処分する時のポイント
  • タブレット型パソコンの回収を依頼するメリットは?
  •  

    同じテーマの他の記事

  • 4つのタイプのエアコン回収/処分に関する注意点
  • タイプ別テレビの処分方法や注意点
  • タイプ別冷蔵庫の処分方法や注意点
  • つのタイプの洗濯機回収/処分に関する注意点
  • 不用品処分の依頼方法や注意点を確認する6つの項目
  • 不用品回収を依頼する前に確認する20の情報や注意点
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP