広告

 

> > > > >

 

7つのタイプのパソコン回収/処分に関する注意点

 

クエスチョン

パソコンの処分料金はタイプやメーカーによって変わりますか?

アンサー

パソコンを処分するのにリサイクル料金がかかるタイプは2003年10月以前のタイプになります。2003年10月以降に販売された家庭向けパソコンにはリサイクルマークが貼付されているので、廃棄するときに費用はかかりません。

 

リサイクルマークが付いていないタイプは廃棄する時に費用がかかりますので、各メーカーまで料金をご確認ください。

 

Check!!
  • 一般社団法人パソコン3R推進協会
  •  

    目次

     

    パソコンのタイプにより、最適なリサイクル/リユース方法が変わってきます。パソコンの回収依頼をする前に処分方法、注意点を確認しておくことをお勧めしています。

     

    チェック

     

  • デスクトップパソコン
  • ディスプレイ
  • 自作パソコン
  • モバイルパソコン
  • ノートパソコン
  • 周辺機器
  • タブレット型
  •  

     

     

    デスクトップパソコンの処分をする前に見る知識と情報


    使わなくなったデスクトップパソコン

    を処分しようと思っている人もいるでしょう。デスクトップパソコンの処分方法にはいろいろな方法があるのですが、まず処分をしようと思っているパソコンがいつ製造されたものであるかどうかをチェックしましょう。平成15年以降かそれ以前に作られたデスクトップパソコンによって、対処が変わってきます。

     

    まずデスクトップパソコンに、PCリサイクルマークが付いているか

    どうか確認をしましょう。もし「PCリサイクルマーク」の付いているデスクトップパソコンを処分するのであれば、無料で回収を依頼できます。平成15年10月以降に購入したデスクトップパソコンであれば、PCリサイクルマークが付いているはずですので、チェックしておきましょう。

     

    もしPCリサイクルマークの付いていない、かなり形式の古いデスクトップパソコンを処分しようと思っているのであれば、リサイクル料金を負担しないといけません。パソコンの中でもリサイクルの対象となるのは、パソコンとディスプレイになります。液晶ディスプレイやCRTディスプレイを使っているのであれば、パソコン本体とディスプレイそれぞれに料金が発生してしまいます。現在の所、それぞれに3150円がかかるルールとなっています。つまりデスクトップパソコンを処分する場合、PCリサイクルマークの付いていない機種であれば合計で6300円もの負担をしないといけなくなります。

     

    最近では、パソコンの回収を行っている業者

    もあります。このような業者に回収の依頼をすると、無料で回収してくれます。もしPCリサイクルマークの付いていないデスクトップパソコンを処分するのであれば、回収専門業者に依頼をすることです。そうすれば先に紹介した6300円の負担を免れられます。

     

    回収業者では、パソコンを分解して原料ごとに分けます。この原料を売却することによって利益が得られるので、無料でも回収してくれるわけです。デスクトップパソコンの回収を依頼する時には、データ消去をしてくれるかどうか確認をすることです。中には、パソコンが起動しなくなったので処分をしようと思っている人もいるでしょう。その場合パソコン自体が故障しているのだから、データ消去する必要がないと思っている人もいるでしょう。しかしこのような場合でも、特殊な方法を使えばデータを取り出すことができます。ですから、きちんとデータの消去を行ってくれるようなパソコン回収業者に作業の依頼をする必要があります。

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「パソコン」

    パソコンが普及してから約20年、時代とともに進化してきました。以前はCPU・メモリ・ハードディスク容量が小さくフロッピーディスクが主流でしたが、今では光学式が一般的で、容量も以前とは比較にならない大きさになりました。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • パソコンのディスプレイを賢く処分する方法
  • 自作パソコンの処分方法は?
  • モバイルパソコンの回収/処分に関する注意点
  • ノートパソコンの回収依頼をする際の注意点
  • パソコンの周辺機器を処分する時のポイント
  • タブレット型パソコンの回収を依頼するメリットは?
  •  

    同じテーマの他の記事

  • 4つのタイプのエアコン回収/処分に関する注意点
  • タイプ別テレビの処分方法や注意点
  • タイプ別冷蔵庫の処分方法や注意点
  • つのタイプの洗濯機回収/処分に関する注意点
  • 不用品処分の依頼方法や注意点を確認する6つの項目
  • 不用品回収を依頼する前に確認する20の情報や注意点
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP