広告

 

> > > > >

 

東芝のパソコン回収とリサイクル対策


 

各メーカーのパソコンに対するリサイクル対策は異なり、力を入れている場所も変わってきます。メーカーにより収集運搬費用や回収方法も変わるのでパソコンの処分を申し込む際はそれぞれについての確認が必要になります。ここでは、「東芝」について検証します。

 

目次


  • 東芝のパソコンリサイクル対策
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    東芝のパソコン回収とリサイクル対策


    ノートパソコンを使っている人は、

    多いのではないでしょうか?ノートパソコンの中でも安定した人気があるメーカーの中の一つに、東芝があります。東芝の場合、何といっても人気シリーズとしてDynabookがあります。Dynabookの魅力はいろいろとありますが、なかなかパソコンが壊れないと言う所が魅力です。このため一度Dynabookを購入すれば、長年使用できるので経済的と言えます。ハードディスクが頑丈に作られているので、長く使用できるわけです。

     

    この耐久性の高さが、中古市場でも人気の要因となっています。もしDynabookを所有していて、そろそろ買い換えようと思っている人がいて、そのDynabookがまだ使用できる状態にあれば買取業者に買い取りの依頼をしてみてはいかがでしょうか?場合によっては、高額買取してくれる可能性もあります。先に紹介したように、頑丈なので少し使い込んだDynabookでも買取してくれる可能性があります。それほど中古ノートパソコン市場では、ニーズの高いパソコンなのです。

     

    もし故障をしているのであれば、

    東芝の方で不要になったパソコンの回収サービスを実施しています。東芝のホームページなどにアクセスをして、回収の申し込みをします。すると自宅にエコゆうパックの伝票が来るはずですので、そちらに必要事項を記入します。そしてパソコンは段ボール箱などを使って梱包をして、郵便局に持っていきます。戸口集荷もしているので、希望する人は郵便局に申し込みしておきましょう。

     

    たいていのパソコンは、無料で回収

    してくれるはずです。しかし一部東芝のパソコンの中には、リサイクルするために料金がかかってしまうケースがあります。平成15年以前に購入したパソコンで、PCリサイクルマークの付いていないパソコンです。この場合には、3150~4200円のリサイクル料金がかかってしまいます。もしPCリサイクルマークの付いていないパソコンを処分しようと思っているのであれば、パソコン回収を行っている業者があります。こちらに処分の依頼をしましょう。

     

    パソコン回収業者の中には、100円とか無料で回収をしてくれる所もたくさんあります。上のリサイクル料金と比較すると、だいぶ安いコストに抑えることが可能です。インターネットで簡単に申し込みができますし、自宅から業者に郵送できるので手続きも簡単です。しかしまずは買取できないかどうか、査定を受けるだけ受けてみましょう。

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「パソコン」

    パソコンの歴史はまだ浅く、いわゆる個人が利用できるパソコンが登場したのが1974年、すなわちパソコンが登場してから40年程度しか時間が経過していないことがわかります。しかしこの40年で急速に発展を遂げ、今や利用しない機会はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • BTOのパソコン回収とリサイクル対策
  • Acerのパソコン回収とリサイクル対策
  • 富士通のパソコン回収とリサイクル対策
  • Gateawayのパソコン回収とリサイクル対策
  • NECのパソコン回収とリサイクル対策
  • Macのパソコン回収や処分のコツ
  • ソニーのパソコン回収とリサイクル対策
  • Windowsのパソコン回収や処分のコツ
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンメーカー主要10社のリサイクル対策
  • テレビメーカー主要8社のリサイクル対策
  • 冷蔵庫メーカー主要7社のリサイクル対策
  • 洗濯機メーカー主要6社のリサイクル対策
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP