広告

 

> > >

 

大掃除で出る大量の不用品を賢く処分する方法、業者を利用する場合は?


  • 大掃除の不用品処分
  • 片づけのポイント
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

     

     

     

     

    大掃除で不用品を処分する


    引越しと並んで不用品が発生する機会が多いのが大掃除。これまで押入れや物置に入れっ放しにしておいたものを引っ張り出し、「こんなにたくさんいらないものを抱えていたのか」と驚くことも多いものです。大掃除で不用品処分を行う場合には引越しとはやや事情が異なってきます。まず時間の余裕が比較的あること。引越しの場合は新居への入居や旧居の退去などの予定がたてこんでおり、不用品処分に時間をかけている余裕がありません。それに対し、大掃除の場合はとくに急ぐこともなく時間をかけて処分していくことができます。この違いはそのまま処分の方法の違いにも関わってきます。

     

    たとえば粗大ゴミの利用。引越しの際には忙しくて粗大ゴミの申込みをしている時間がない、回収の日までのんびり待っていられないといった問題が出てくるものですが、大掃除の場合はそのようなことはありません。粗大ゴミで出せるものはできるだけ出すようにしましょう。なお、粗大ゴミは一度に出せる点数が決まっているため、大量の不用品が出た場合にはどれを優先的に処分するか、順位を決めておくことも大事です。基本的には日常生活の妨げになる大きなものから処分していくことになります。

    それから一般ゴミの利用。自治体によるゴミ回収はわたしたちが思っている以上にいろいろなものを持っていってくれるものです。少々大きめの不用品もダメもとで出してみるとよいでしょう。厄介な不用品の代名詞ともいえる布団も細かく裁断すれば一般ゴミとして回収してもらうことが可能です。また燃やせないゴミの回収では家電リサイクル法の対象外の家電もサイズ内なら回収してくれます。こうした費用の負担を少なく処分できるものはできるだけ処分した上で、なおかつ回収が難しいものは不用品回収業に依頼するとかかるお金を節約できます。大きすぎて粗大ゴミの回収場所まで運べない家具、家電リサイクル法の対象のため処分が面倒なテレビエアコン洗濯機冷蔵庫などが業者に処分してもらう主な対象となるでしょう。

     

    大掃除で不用品処分を行う際にはひとつ注意しておくべき点があります。それは時期です。ほとんどの家では年末に大掃除を行っているでしょう。この時期は行政の回収サービスはもちろん、不用品回収業も休みに入っている可能性があります。その点を踏まえて計画を立てないと、年末年始を不用品に囲まれて過ごさなければならなくなります。この点に注意しつつ、ある程度時間と手間を惜しまずに最適な処分方法を決めていくとよいのではないでしょうか。

     

     

    不用品の片づけの際に役立つポイント

     

    不用品の片付けといっても押入れや物置などにしまっておく、と言った意味ではありません。もともと引越しや大掃除となどで長らくしまったままにしてあるモノを取り出した結果不用品が生じるもの。大事なのはどのようにして処分するか、です。

     

    不用品の片付けのポイント

     

    ■処分までの時間や保管場所、捨て方や業者の選び方

    たとえば大きな家具の場合は、家の中に置いておくと邪魔になります。かといって玄関先や庭先に出しておくのも問題があるもの。邪魔にならない形で置ける場所を確保できるか、あるいは早く処分できる方法を見つけるか。家具の処分方法としては粗大ゴミが第一の選択肢となりますが、申し込みから実際に回収してもらうまである程度の日数がかかります。それまでの保管場所に困る場合、あるいは引越などで時間の余裕がない場合には不用品回収業への依頼や、買い替え先で下取りサービスをしている場所を選ぶのがお勧めです。

    片付けと言えば、分解や破壊などで小さくまとめる方法も考えられます。これには2つの利点があります。ひとつは処分するまで保管しておく場所を確保しやすいこと。二つ目は一般ゴミとして出せるケースもあること。大きな家具も30センチ×30センチ以内に小さく分解することができれば一般のごみ収集に出すことができます。組み立て式の棚や椅子などはこの方法で処分することも可能です。少々面倒がかかりますが、片付けという観点から見るとなかなか魅力的な選択肢といえるでしょう。

     

    ■移動や搬出作業は?

    たとえば、洗濯機や冷蔵庫を買い換えた場合は入れ替え作業が必要です。しかしどちらもかなりの大きさと重さがあります。一定の腕力のある人間が最低でも2人は必要。基本的には男手が2人求められるでしょう。それは、棚やテーブルといった大きい家具も同様です。粗大ゴミに出す場合には指定の回収場所まで自分で運ぶことが求められます。それができるかどうか。たとえばマンションの上層階に済んでいる場合、下まで運ぶことができるかどうかという点もしっかりと確認しておく必要があるのです。

    そもそも家の内部でも移動が困難な場合もあるでしょう。そんな時には不用品回収業者に依頼し、運搬から搬出、積み込みまでのすべての作業を業者のスタッフに依頼するのがもっとも無難な選択肢となるでしょう。不用品の片付けでは、処分が終わるまで日常生活に支障をきたさない形で保管できるか、どのように搬出するか、自分達でできるかといった点が重要なポイントとなるわけです。この点も意識したうえで不用品の処分方法を検討するよう心がけましょう。

     

    ■不用品の量によるお問い合わせ先

    大掃除や引越しの整理で大量の不用品処分をご検討の場合、こちらからお問い合わせ下さい。

    不用品の量が軽トラックで収まる場合はこちら【お問い合わせ

    大型トラックが必要になる場合はこちら 不用品回収なら、ダストマン

     

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP