広告

 

> > >

 

不用品、粗大ゴミ、リサイクル家電の持ち込み処分の方法と確認事項


  • 持ち込み処分
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

     

     

    不用品を持ち込みで処分する方法や手順


    一般的な持ち込み方法としては、まず郵便局で家電リサイクル券をもらいます。「払込取扱票」「払込金受領証」、「払込受付証明書」必要事項を記入し、郵便局窓口でリサイクル料金を支払った後、「払込受付証明書」を「家電リサイクル券(2枚目)」に貼り、それを廃棄家電に貼り付けます。貼り付ける際は家電の側面に貼りましょう。

  • 家電リサイクル券の発行方法
  • 廃棄家電の持ち込みは各自治体の指定する指定引取場所に、持ち込み時間内に行います。事前に引取場所に連絡をいれておくとスムーズに処分を完了することが出来ます。基本的に指定引取場所では全メーカーの家電の持ち込みが可能ですが、事前に確認しましょう。

    持ち込み処分ができず、弊社に不用品回収を依頼する場合は家電リサイクル券は必要ありません。

     

  • 持込申し込み方法(外部)
  • メーカー(製造業者等)別リサイクル料金一覧(外部)
  • 企業から廃棄物として出る家電の2つの処分方法(+1)
  •  

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP