広告

不用品処分

 

 

> > >

 

リサイクル家電の回収/処分にまつわる背景とその理由

 

クエスチョン

リサイクル家電を処分する目的は?

アンサー

新しいパソコンを購入する時は、使用目的に合ったものを購入するべきです。あまり使う機会がないのであればコンパクトで安価なノートパソコン、仕事で使う場合、データ容量が多い機能重視のデスクトップパソコンのように考えて購入すれば失敗はなくなります。

 

 

目次

 

販売メーカーではなく、不用品回収業者がリサイクル家電(テレビ、エアコン、パソコン、冷蔵庫、洗濯機)を回収する場合の流れや、それを依頼することのメリットとデメリットをそれぞれ記載しています。

 

チェック

 

  • パソコン
  •  メリット
  •  デメリット

  • エアコン
  •  メリット
  •  デメリット

  • 冷蔵庫
  •  メリット
  •  デメリット

  • 洗濯機
  •  メリット
  •  デメリット

  • テレビ
  •  メリット
  •  デメリット
  •  

     

     

    パソコンの回収を依頼する意味とは

     

    パソコン

     

    パソコンを使用するケースが多くなってきています。パソコンはご存知のように精密機械の一種です。そこで、使用し続けていると、故障してしまうことがあります。そうすれば、新しいパソコンに買い替える必要があります。そしていらなくなったパソコンは、処分をする必要があります。そこで現在注目されているサービスの中の一つに、パソコンの回収サービスがあります。パソコン回収サービスとは、使用済みとなったパソコンを回収して、リサイクルするサービスのことを指します。この業務は、資源有効利用促進法に基づき回収をします。ちなみに、回収してから資源として再利用化するところまでは、パソコンメーカーなどが責任を持って行わないといけません。

     

    いらなくなったパソコンが業者によって、回収されます。この回収されたパソコンがどのように扱われるか、気になる人もいるでしょう。回収されたパソコンは、再資源化センターと言うのが日本各地にあります。再資源化センターは、各パソコンメーカーが指定しています。また国の認定を受けたきちんとした業者が担当をします。こちらの方でパソコンの処分をしたうえで金属などの各素材に分解していきます。そしてそれぞれの資源に戻していって、リサイクルをしていきます。

     

    ここで気になることとして、パソコンの中に入っている情報はどうなるのかがあります。パソコンのデータですが、削除の処理をしているので安心と思っている人もいるでしょう。しかし名目上は「削除」されているかもしれませんが、実際にパソコンの中から消えてなくなっているわけではありません。「なかったことにする」と言う烙印が押されているだけです。特別なソフトなどを使って、この烙印を解除してしまえば、消えたはずのデータが戻ってしまいます。

     

    ところで、処分をしたパソコンの中に入っている情報のセキュリティが気になるという人もいるでしょう。しかし個人情報保護の観点から、メーカー指定のきちんとした業者であれば、ハードディスクを完全に破壊してしまうなどの処理をします。このため、パソコンの中に入っているデータを不正に抜き取られる心配をする必要はありません。パソコン回収のサービスですが、日本全国から利用できます。例えば、全国にある郵便局を窓口にして、再資源化センターの方に郵送する方法があります。エコゆうパックと言うサービスがありますので、こちらを使って直接再資源化センターに送ることも可能です。

     

    弊社では、リサイクルショップでは買い取ってもらえないようなパソコンも回収し、リユースしています。壊れたパソコンであっても海外で修理をして使える状態にするので、壊れてしまって処分に困っていたパソコンでもぜひご相談下さい。もう使えないと思っていても、他国で十分現役として働いてくれる家電はたくさんあるのです。

     

     

    パソコン回収を依頼することのメリット

     

    故障してしまって、今では使っていないパソコンこのパソコンをどう処理をすればいいか、迷っている人もいるのではないでしょうか?もしそうであれば、パソコンの回収業者が日本全国にあります。こちらを利用して、不要なパソコンを処分してしまってはいかがでしょうか?パソコン回収などをキーワードにして、検索をしてみましょう。そうすれば、いろいろな業者がヒットするはずです。

     

    パソコン回収業者を利用するメリットですが、手軽に処分ができる所にあります。多くのパソコン回収業者を見てみると、いらなくなったパソコンを宅配便などを使って業者に郵送するシステムを取っています。そして業者の方で、パソコンの処分をして、リユースできるようにしていきます。そしてパソコン回収にかかる費用ですが、無料で対応している所が多いです。

     

    これだけのサービスをしてもらって、無料と言われると首をかしげる人もいるでしょう。しかし回収をしたパソコンは、中古品として販売します。また故障して使えないパソコンについても、部品ごとに分解をすれば、回収してくれるところがあるのでお金になります。このようにあなたの処分したパソコンがお金を作ってくれるので、業者はみなさんから料金を取る必要がありません。また宅配便を使ってパソコンを郵送しますが、この時の送料も無料としている業者もあります。一部業者はエリアによって送料が無料にならないこともありますので、事前に確認しておきましょう。

     

    パソコンの処分をしたくてもできない人の中には、中に入っているデータが悪用されないか不安と言う人もいるでしょう。確かにパソコンを捨てたところ、そこから不正にデータが抜き取られるという被害もあります。しかしきちんとしたパソコン回収業者に依頼をすれば、データの消去をしてくれます。また故障をしてデータの消去ができなくなっている場合には、念のために物理的に破壊してしまうことで、データが再び使えないようにする処分をしている所もあります。データの消去にかかるコストも無料としている所も少なくありません。

     

    通常電気量販店などで処分をすることになれば、リサイクル費用をねん出しないといけません。しかしパソコン回収サービスを利用すれば、送料などが多少かかるかもしれませんが、基本的に無料で処分ができます。データの消去など安全性の高い処理をしてくれるので、お得なサービスと言えるのではないでしょうか?

     

     

    パソコン回収依頼をすることのデメリット

     

    パソコン回収業者が最近になって、いろいろと登場しています。通常電気量販店で処分をすれば、リサイクル料を負担しないといけません。パソコン回収の特徴として、無料でいらなくなったパソコンを処分してくれる点が挙げられます。つまり、負担すべき負担をせずに、パソコンの処理ができます。しかしもしパソコン回収サービスを利用するのであれば、業者をきちんとチェックしましょう。と言うのも、いろいろと大事なデータの入ったパソコンの処分を任せるからです。

     

    パソコンには、ハードディスクが搭載されています。 皆さんがいろいろなアプリをダウンロードするとか、データの保存をするとこのハードディスクに情報が集積されていきます。このハードディスクに入っている情報を、下手すると悪用されてしまうデメリットもあります。実際に中古品のパソコンを購入したところ、前のオーナーが保存していたデータがそのままの状態で残されていたというケースもあります。たいていの業者では、初期化してデータを消去しているはずなのですが、業者によっては不十分な処理しかしていないケースもあります。

     

    もし自分が保存していたデータがパソコン回収業者から流出してしまったとしたら、自分以外にもいろいろな人に迷惑のかかる可能性があります。例えば、パソコン所有者はメールのやり取りを知人や友人と行っている人も多いはずです。そしてメールソフトの中には、頻繁にメールのやり取りをする知人や友人のメールアドレスを登録しているのではないでしょうか?もし不正にデータが抜き出されたのであれば、他の人のメールアドレスをはじめとする個人情報まで流出してしまう可能性も出てきてしまいます。これは重大なプライバシーの侵害であることは、皆さんもお分かりになりますね。

     

    まず信頼のおけるパソコン回収業者を探すことです。しかしそれでもまだデータを不正に利用される不安があれば、自分でデータの消去をしてしまいましょう。実は現在データの消去ができるソフトがあります。データの消去とは言いますが、消すのではなく保存したデータの上から意味のない情報を上書きしてしまうのです。こうすれば、読まれては困るデータは完全に抜き出せなくなってしまいます。もしソフトの起動ができない、故障してしまったパソコンを処分するのであれば、物理的に破壊をしてくれる業者を探すことです。中には、データの消去をした証明書を有料で発行している業者もあります。証明書を発行してくれるのであれば、安心ではないでしょうか?

     

     

    なぜエアコンの回収をするのか

     

    エアコン

     

    エアコンは家電リサイクル法の対象となっています。法律によって回収しなければならない理由として、製品の製造に使用している原材料に貴重な資源があること、そして冷媒として使用しているフロンガスをそのまま大気中に放出すると大気汚染の原因になることがあげられます。特定家電の廃棄には高機能のごみ処理施設が必要なため、どこの自治体でも安全に処理できないのです。このような状況から、廃棄される家電を無駄にしないため、また環境保全のためにもメーカー、販売店、消費者が三つ巴になって処理に取り組んでいます。

     

    廃棄する製品のリサイクルには2つの道があります。マテリアルリサイクルとサーマルリサイクルです。マテリアルリサイクルとは廃棄された製品をパーツごとに分解して、採用できる部品についてはメーカーで製造している製品の部品の一部として再び利用するというものです。また自社の製品に利用できない部分については、それぞれを必要としている業者に有償、もしくは無償で提供して新たな製品として再利用するようにしています。

     

    対してサーマルリサイクルするエアコンの回収とは、やはりパーツごとに分解し製品の一部として再利用できない部品については、燃焼させて熱源として利用します。また、自社で使用しない部分については、必要とする業者に有償または無償にて熱源として提供します。

     

    エアコンを回収するのは、できるだけ商品に使用した部品を様々な形で再利用することが背景にあるからなのです。家電リサイクル法で特定されている製品の種類は大きく4品目に分けられています。特にエアコンは冷媒にフロンを利用していますので、専門家による取り外しを行ないメーカーが責任をもって処理しなければなりません。

     

    エアコンの回収依頼をするときに注意しなければならないのは、引き取り業者についてです。基本的に引き取りは製品を購入した店舗が行います。回収・運送をする業者は廃棄作業は行わず、メーカーが指定するリサイクル工場に持ち込むことになっています。また、不用品の回収業者の中にはリサイクル家電の取り外しや回収を行なっていることがあります。しかし、全ての業者が適正な許認可の下で請け負っているわけではありません。例えば巡回車で回収をアナウンスしている業者の中には、不法な業者も存在して、そういう業者の中には、必要なパーツを抜き取って不法投棄している悪徳業者もいて問題になっています。

     

    弊社では、リサイクルショップでは買い取ってもらえないようなエアコンも回収し、リユースしています。壊れたエアコンであっても海外で修理をして使える状態にするので、壊れてしまって処分に困っていたエアコンでもぜひご相談下さい。もう使えないと思っていても、他国で十分現役として働いてくれる家電はたくさんあるのです。

     

     

    エアコンの回収を依頼することのメリット

     

    家電リサイクル法によるエアコン回収のメリットには、環境保全、ごみの減量化などがあります。製品の機能上、冷媒としてフロンガスが使用されているのですが、これには地球のオゾン層を破壊するリスクがあるのです。たった1台、自分1人ぐらいという考え方が地球環境の破壊につながってしまいますので、決められた方法に従うことが大切です。

     

    回収された製品は各部品に分別されてメーカーないで再資源化されます。これによって資源の枯渇の抑制にもつながりますので、エアコン回収のメリットとして数えることができます。消費者、販売店、製造メーカーが協力しあうことがリサイクル率を向上させて循環型の社会の実現に近づくことができるようになるのです。

     

    また、個人レベルでのエアコン回収のメリットもあります。たとえば、使わなくなったエアコンは処分しないと邪魔になります。新しく購入する場合には販売店が配達をしてくれます。また、契約業者が取り外しと設置を行なってくれますので、購入の手続きさえすれば後は全てスムーズに事が運びます。購入しない場合には、自力で回収業者を探さなくてはなりません。町内を大音量で粗大ごみの回収車ですと回っている業者がありますが、注意が必要です。無料でと言いながら、エアコンに関しては高額引取りになることがあるのです。悪質な業者に頼んでしまった場合、取り消しができない状況もありますので、業者選びは慎重に決めたいところです。

     

    また、そのような業者は無許可も当然で、倫理的な責任も持ちませんので、取り外しを依頼してはいけません。技術と知識のない人間がエアコンの取り外しを行なったら冷媒のフロンガスが漏れてしまいますので環境汚染の原因になります。

     

    能力の問題はないけれど買い替えるからいらないというエアコンがあれば、廃棄処分ではなくリユースする方法を1選択するとよいでしょう。リユースというのは中古品として使用するということです。トラブルも破損もないのなら、安く製品を購入したいという人に提供すればよいのです。中古品販売店に勝ってもらえば、多少でもお小遣いになります。

     

     

    エアコンの回収を依頼することのデメリット

     

    エアコンは粗大ごみとして廃棄することはできません。必ず家電リサイクル法にのっとった方法を取らなければ廃棄できないようになっているのです。違反すれば不法投棄ということになります。エアコン回収にはリサイクル券を購入して回収業者に委託する必要があります。業者は請け負っているメーカーのリサイクル部門や工場に運び込むことになっているのです。

     

    使用中のエアコンを買い替える場合には、製品の取り付けの際に古い製品を取り外してくれますし、購入した販売店が回収をしてくれますので、スムーズにリサイクルすることができます。しかし、引越しや破損などで廃棄のみをする場合には、ちょっと面倒なこともあります。基本的には年数が経っていても購入した店舗で回収することになっているのですが、それが叶わない場合もあります。家電量販店では回収のみは行っていないこともあるのです。

     

    このような場合には、リサイクル券を購入して自分で回収業者を選定しなくてはなりません。また、取外しも自分で行います。買い替えなら費用は掛かっても業者が行ってくれるのですが、廃棄のみの場合には自分で取り外すか取り外すだけのために業者を依頼しなくてはならないのです。季節によっては業者の手が足りずに希望日時に作業の完了ができません。

     

    もし、使用しているエアコンが年式が新しく充分な能力がある場合には、中古品販売店にリユース品として買い取ってもらうこともできます。リユースするには正常に稼働すること、型式が比較的新しいことが条件です。汚れがひどい場合やメンテナンスがいい加減な製品は買取り不可もしくは買いたたかれることもあります。フィルターはまめに掃除をしておくこと、リモコンをきれいにしておくことが大切です。カバーやボディーの汚れを拭き取っておくだけでも印象が違います。そしてなんといっても、リユースのためのエアコン回収依頼のメリットは『不法投棄による環境汚染』です。悪質な業者は、『義』よりも『利』を追求するものなので、そういう業者に依頼しないように注意しなければなりません。

     

     

    冷蔵庫回収を依頼することのメリット

     

    冷蔵庫

     

    冷蔵庫を長く使っていて、もう新しい冷蔵庫に買い換えるという時にはその冷蔵庫を処分しなければなりません。そこで多くの人が用いる手段が冷蔵庫を業者に引き取ってもらうという方法です。長く使っているともう廃棄してしまったほうが良いのではないかと思うかもしれませんが、この冷蔵庫回収にはなにかメリットがあるのでしょうか。

     

    まず冷蔵庫回収のメリットといえばやはり環境に優しいということでしょう。そもそも冷蔵庫のリユースを定めたリサイクル法の本来の目的は、環境への負荷を減らすために資源を回収するというものでした。特に冷蔵庫はフロンを多く用いており、そのフロンがオゾン層を破壊することが研究によって解明されています。オゾン層はわたしたちを有害光線から守っていますから、そのような環境への影響は深刻であり、冷蔵庫などの家電製品をリユースすることによってこれらの影響を軽減することができると考えられるのです。

     

    さらに資源を有効活用するということもメリットと言えます。冷蔵庫自体は使えなかったとしてもその冷蔵庫に用いられている部品などは、他の冷蔵庫などに使用することができるかもしれません。家電によってはレアメタルなどの貴重な資源も含まれているので、リユースすることによって資源を無駄にすることなく使い続けることができます。

     

    もちろんわたしたちにとって環境問題も重要ですが、やはり自分にどんなメリットがあるのかというのは気になるところではないでしょうか。もしリサイクルショップが冷蔵庫を回収してくれたら、リサイクル料金を支払わずに冷蔵庫を処分することができます。今では自宅まで出張して査定してくれるので時間がないという方でも安心です。売却できれば利益も上がります。自分ではほとんど力を使うことなく冷蔵庫の処分ができるという意味で、冷蔵庫回収には大きなメリットがあるということができるのです。

     

    このように冷蔵庫回収にはいろいろなメリットがあるということができます。地球環境への影響を考えたときにはこれからもっとリユースの考え方を持っていなければならないと思われるでしょう。冷蔵庫だけではなく他の家電製品であってもリユースによって資源を有効活用していきたいものです。

     

     

    冷蔵庫回収依頼をすることのデメリット

     

    冷蔵庫などを買い換えるときにはその冷蔵庫を業者に引き取ってもらわなければなりません。リサイクル料金を支払って回収してもらうことが必要になります。これは地球環境への配慮などから非常に有効な方法と言えるのですが、メリットばかりではありません。では冷蔵庫を回収してもらう際のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。そしてどうすればそのデメリットを最小限に抑えることができるのでしょうか。

     

    デメリットのひとつは、悪徳業者に回収を依頼してしまう可能性があるということでしょう。基本的には回収されたものはそのまま修理して使われたり、もう使えないものは部品として用いられたりしています。ですからどんな冷蔵庫であれ利用先は存在するものなのです。しかし、業者によってはもう使えないと思われる冷蔵庫さえ海外に輸出して利益を得ているところもあります。輸出するだけであればまだしも、そうした冷蔵庫の行先をほとんど管理せずに料金だけ受け取って責任を取らないという業者も存在しています。すると日本の国際的な地位は危うくなっていくでしょう。いわば粗大ゴミを輸出して利益を上げていると見られるからです。

     

    さらに壊れた家電を海外に輸出することはバーゼル条約に違反する可能性があります。バーゼル条約とは有害廃棄物の国境を越える移動を制限する条約のことです。冷蔵庫など環境破壊物質を有する家電は有害廃棄物に該当する恐れが有り、そうしたものを輸出してしまうとバーゼル条約に違反していると考えられます。この条約には有害廃棄物の移動に伴って受け入れ先の国家の許可が必要であるなど厳しい制限が定められているため、日本がこの条約に違反しているとなると深刻な問題になりかねません。回収業者をきちんと選ばないと、こうした問題を知らず知らずのうちに引き起こしてしまうことさえあるのです。

     

    このように回収業者をきちんと選ぶことは非常に重要です。環境に良いと考えて行ったリユースのための不用品回収が、選んだ業者によって台無しにされてしまうことすらあるのです。ですから信頼できる回収業者を調べて回収を依頼するようになさってください。インターネットなどを見ればすぐにたくさんの回収業者のホームページを閲覧することができますから、そういった情報を駆使して信頼できデメリットの少ない回収業者を選ぶことができます。

     

     

    冷蔵庫の回収を依頼する意味とは

     

    冷蔵庫は今やわたしたちの生活になくてはならないものとなってきました。特に夏や比較的気候が温暖な地域に住んでいれば冷蔵庫を持っていなければならないでしょう。しかしどんな冷蔵庫でもいつかは買い換えようと思うときがくるものです。そういう時に冷蔵庫を粗大ゴミとして出すことはできなくなりました。リサイクル法が制定されたからです。そこで必要になってきたのが冷蔵庫の回収です。ではこの回収はどのようなものなのでしょうか。またどのように行われているのでしょうか。

     

    まず前述のように冷蔵庫がいらなくなった場合でも粗大ゴミとして処分することはできません。そこで業者に回収してもらう必要性が生じます。この回収業者とは小売業者や家電量販店のことです。ですから冷蔵庫を処分する際には、小売業者や家電量販店に連絡をして冷蔵庫を引き取ってもらうことが必要になるのです。

     

    これは無料で行われるサービスではありません。冷蔵庫の回収費用は平均として4800円程度となっています。この他に運搬料などを徴収するところもありますので、業者をよく選ぶことも必要になるでしょう。冷蔵庫を回収してもらう方法はいくつかあります。一つは近所の家電屋さんや冷蔵庫を購入した家電量販店に冷蔵庫を持ち込み引き取ってもらう方法です。もう一つは自治体の定める指定取引場所や処分業者、家電量販店に持ち込むこともできます。さらに郵便局でリサイクル券を購入して直接冷蔵庫の処分を依頼するということも可能です。

     

    どれでも自分の行えそうな方法で冷蔵庫の処分を依頼することができるでしょう。この時には必ずまだ使えるかどうかを確認してから処分するようにしましょう。もしまだ使用可能であればリサイクルショップなどに売却することもできます。売却することができれば冷蔵庫を引き取ってもらえるだけではなく利益まで出るのですから、処分をするのであれば売却するという方法を取るのがよいでしょう。しかし売却できるのは新しい型番のものであったり比較的きれいな状態で使えることが前提となってきます。もし古い型番のものや壊れてしまったものは違った方法で処分する必要があります。

     

    弊社では、リサイクルショップでは買い取ってもらえないような冷蔵庫も回収し、リユースしています。壊れた冷蔵庫であっても海外で修理をして使える状態にするので、壊れてしまって処分に困っていた冷蔵庫でもぜひご相談下さい。もう使えないと思っていても、他国で十分現役として働いてくれる家電はたくさんあるのです。

     

     

    洗濯機の回収を依頼する意味とは

     

    洗濯機

     

    最近は家電をネットショッピングで購入される方も増えています。例えば、ネットショップで洗濯機を購入した場合、今まで使用していた洗濯機の処分をどうしたら良いのか迷われるかもしれません。また引越しなどで不要になった洗濯機も処分が難しいと感じる方が多いようです。 実際、使用しない洗濯機がいつまでも家やアパートの片隅に放置されていることも珍しくありません。「洗濯機はサイズが大きい分、運搬に手間がかかりそう」「処分を依頼すると高い処分料を請求されそう」と思っていて、処分を延ばし延ばしにしているケースも多いでしょう。しかし一時的に放置しておいたとしても、長期的に見るといつかは処分する必要がでてきます。

     

    いずれ処分する必要があるわけですから、地球にも自然にも優しい処分の方法はいかがでしょうか。それはリユースやリサイクルを行なっている弊社などの回収業者に処分を委託していただくことです。洗濯機のリユースの場合、部品交換やメンテナンスを行いもう一度洗濯機として使用します。場合によっては海外に輸出することもあります。

     

    洗濯機のリサイクルの場合ですと分解・粉砕することにより原料レベルまで戻し、再資源化を行うことになります。リユースとリサイクルで比較した場合、より地球と自然に優しい方法はリユースです。リサイクル(再資源化)の場合には、運送過程・粉砕する動力・分別する過程・再生製品を作成する過程などで余分なエネルギーを使用するため、CO2排出量などで環境に多少負担がかかります。しかしリユースの場合なら、使用するエネルギーは運送燃料程度で済むのです。

     

    ただしリユースするためには、動作可能な洗濯機である必要があります。洗濯機は水を使う性質上、ある程度の耐水性をもたせています。この耐水性はゴムなどのパッキンや軟性プラスチック類によって可能になっています。ご存知のように長期間日光に当てたゴム類やプラスチック類は使用していなくても経年劣化してしまいます。つまり長期間、屋外で放置された洗濯機は劣化が進み、耐水性が劣っていることになります。このため、リユースに適さない場合が少なくないのです。地球環境に優しいリユースを行うためには、使用しなくなった洗濯機を早めに回収してもらうと良いでしょう。

     

    弊社では、リサイクルショップでは買い取ってもらえないような洗濯機も回収し、リユースしています。壊れた洗濯機であっても海外で修理をして使える状態にするので、壊れてしまって処分に困っていた洗濯機でもぜひご相談下さい。もう使えないと思っていても、他国で十分現役として働いてくれる家電はたくさんあるのです。

     

     

    洗濯機回収を依頼することのメリット

     

    弊社はリユース目的で洗濯機の回収を行っております。洗濯機の回収にはメリットがあると感じているため、この業務に携わらせていただいています。ここでは洗濯機回収のメリットをご紹介します。 まず、お客様へのメリットがあります。お客様のほとんどが買い替えや引越し、故障等により洗濯機を処分する必要が出たお客様です。ご自分でリサイクルセンターなどに持ち込むことも可能ではあるのですが、手間と費用を考えると割に合わないことが多いといえます。

     

    弊社の洗濯機回収は、そのほぼ100%をリユース目的としています。このため、地球環境にもメリットがあります。まだ使用できる洗濯機をむやみに解体しリサイクルしてしまうことは、様々な面で環境にやさしくありません。使用できる洗濯機は最後まで綺麗に使用し製品の寿命を全うさせることで、本当の意味で地球環境に貢献できると考えています。もちろん、弊社はボランティア団体ではありませんので、いくらかの利益を出す必要があります。しかし利益を出しながら地球環境に貢献することは可能であると弊社は考えております。そのため、リユース目的での洗濯機回収を行わせていただいているわけです。

     

    リユースされた洗濯機はどこで使用されるかというと、おもに途上国です。途上国には、新品の家電製品を購入できない貧困層の方がまだ大勢います。こうした方にリユースされた洗濯機を使用していただくことは、途上国にとってメリットになります。

     

     

    洗濯機回収依頼をすることのデメリット

     

    違法・悪質な不用品回収業者が増えているというニュースをご存知の方もいらっしゃると思います。 洗濯機などの大物家電はどうしても個人で運搬するには限界があり、回収業者に依頼する必要が出てきます。しかし回収業者についてのトラブルは、よく聞く話です。

     

    例えば不法投棄があげられます。軽トラに乗って巡回してきた業者に洗濯機の処分料として数千円を支払い、処分を依頼したところ山林に不法投棄されていたというトラブルが多くなっています。 他にも、引越しの日に洗濯機などの不用品の処分を依頼したところ、「洗濯機のコンディションが悪い」「いやなら積み込んだトラックから自分で降ろしてもらう」などの言いがかりをつけ、見積もりの数倍の料金を要求する回収業者も存在しています。

     

    こうした業者が増えているため、政府も「不法な回収業者に処分を依頼しないでください」という広告を行い、注意を呼びかけています。こうした報道を考えると、洗濯機の回収依頼にはデメリットが大きいようにも思えます。まずは、メリット、デメリットの確認をしっかりとしておくことが重要ですよね。

     

     

    テレビの回収を依頼する意味とは

     

    テレビ

     

    不要になったテレビを再利用のために回収することであり、回収されたテレビは工場で部品や素材に分解され、新しいテレビへと生まれ変わります。2001年4月に施行された家電リサイクル法によって、不要になったテレビをそのままゴミ捨て場に投棄することはできなくなり、リサイクル料を支払って小売店または市町村に回収してもらいます。

     

    また、廃品回収業者の中には、リサイクル料を払わなくても無料で回収しているところもありますが、日本製の中古テレビは海外で人気が高いため、無料で回収しても利益になるという背景があります。しかし、大型テレビは輸出することができないため、21インチ以上のテレビの回収にはリサイクル料がかかることが多いです。その場合、メーカーが発表している正規のリサイクル料よりも高めに要求されることがあるため注意が必要です。

     

    また、廃品回収業者がテレビを引き取る時、いちいち性能などをチェックせず、とりあえず回収できる分だけトラックに詰め込むというスタイルが一般的なので、あとで性能をチェックした時にきちんと作動しないテレビというのももちろんあります。その場合、リサイクル工場に持っていくと費用がかかるため、適当に不法投棄するという業者もいます。

     

    もちろん、きちんとリサイクルに出してくれる業者もいますが、悪い業者に引っかからないよう、古物商許可証番を公開しているか事前に確認し、業者の名前や住所、連絡先などについてもメモしましょう(もしも回収されたテレビが近所に不法投棄されていた場合、メモをもとに警察に連絡します)。しかし、そのようなトラブルを想定して業者を選ぶことは少々面倒でもあります。

     

    それならば、リユース専門業者として実績豊富な弊社に回収を依頼してみてはいかがでしょうか。リユースはしばしば、リサイクルよりも社会に優しいと言われます。というのも、リサイクルは一部の部品や資源以外は廃棄処分になってしまいますが、リユースは故障の原因である一部の部品を取り替えれば次の使用者を探せるため、環境に負荷を与えませんし、リユースされたテレビは途上国などに輸出され、現地で雇用を生んで経済成長をサポートします。そのため、まだ使えるテレビがあれば、リサイクル料を払って分解してしまうよりも、弊社のような専門店に回収を依頼した方が、社会貢献になりますし、ほとんどの場合回収費の方がリサイクル料よりも安くなります。

     

    弊社では、リサイクルショップでは買い取ってもらえないようなテレビも回収し、リユースしています。壊れたテレビであっても海外で修理をして使える状態にするので、壊れてしまって処分に困っていたテレビでもぜひご相談下さい。もう使えないと思っていても、他国で十分現役として働いてくれる家電はたくさんあるのです。

     

     

    テレビ回収を依頼することのメリット

     

    テレビ回収のメリットは、何より再商品化して、資源のムダをなくせることです。要らなくなったテレビの処理方法は2つあり、1つは大型量販店や各自治体の指定引取場所に持っていきリサイクルすることですが、もう1つはリユース(再商品化)できる回収業者に持っていき、故障部分だけを直して他の消費者の手元に渡ることです。リサイクルは、確かに埋立処分よりも環境に優しく、レアメタルなどの資源確保にも繋がりますが、まだ使用できるテレビであっても工場で分解してしまい、新しい商品として使わないところは廃棄となります。そのため、中古として他の消費者に渡った方が、廃棄物を減らすことができます。

     

    また、リサイクルはタダではなく、各メーカーがリサイクルを行うために必要な経費と、小売店または指定取引場所からリサイクル工場に製品を輸送するための運搬費がかかります。車がない方の場合は、小売店に自宅までテレビを引き取りに来るよう依頼するしかないため、さらに手数料がかかります。合計すると、小型テレビであっても大体5,000円程度(引取依頼の場合は10,000円程度)かかってしまいます。リサイクルのためとはいえ、少々勿体ないと思う方も多いと思います。

     

    しかし、回収業者(古物商)の場合、リユースを前提としているため、回収費用はそれほど多くかかりません。たとえば、弊社の場合は15型未満のテレビ回収は1,700円から、15型以上は2,700円からとなっており、初回基本料として別途3,000円の費用がかかりますが、2回目以降は回収費のみとなっており、テレビ以外の電化製品もお手頃価格で回収を承っております。

     

    また、リサイクルの場合はメーカーによって回収できる製品が決められており、一部のテレビや電線・ビデオデッキなどの付属品の回収は不可というケースも多いです。しかし、弊社はテレビの種類に関わらず、どんな製品でも回収することができますし、電線やLANケーブルは無料で、ビデオデッキなども最低500円から回収することが可能です(ただし、リユースできない製品の回収は行っておりませんのでご注意ください)。

     

     

    テレビ回収依頼をすることのデメリット

     

    循環型社会のためにメリットの多いテレビの回収ですが、実はデメリットもいくつか存在します。まず、古物商は回収したテレビを修理して再び中古として販売しますが、中古が多く売れるということは、その分新品のテレビの販売量に影響を与えます。新品のテレビは確かに中古よりも高いですが、メーカーが売上を伸ばさなくては、いくら中古が売れてもより良い製品の開発には繋がりません。幸い、日本では中古よりも新品の購入を希望する方が圧倒的に多いため、リユースしたテレビのほとんどが海外、特にアフリカなどの途上国に輸出されます。

     

    途上国では、新品のテレビを購入するだけの余裕がある方がなかなかいませんが、中古品としてでも日本製テレビの良さを分かってもらえると、経済力を持った時に新品を購入してもらえる可能性が高まります。また、輸出を通して、輸入する現地の中古販売員の雇用を生み出すため、途上国の経済力を高めるという相乗効果もあります。しかし、その一方で「偽装リユース」を行っている悪質な業者も存在しています。

     

    「偽装リユース」とは、海外でリユースをするという名目で壊れた家電を輸出することであり、輸出した後で家電がどうなるか一切責任を負おうとしません。一般的に、不用になったテレビは日本で修理してから輸出せず、現地の技術者に何度も修理されながら使用されます。そのため、輸出の段階で中身について判断することはできず、ブラックボックスにしてまとめて輸送されてしまえば、国内で発生した廃棄物を外国に押し付ける形となり、環境問題の原因となります。

     

    このような悪質な手法は、する可能性が高く、一部の家電については輸入不可能の措置も取られています。悪質業者の荒稼ぎを防ぐためには、そのような業者に中古のテレビが渡らないよう、優良業者を選ぶことが大切です。弊社は、東京都公安委員会から古物商許可証を取得している古物商であり、リユース可能な製品以外回収しないため、そもそも廃棄物が発生することはありません。リユース可能な製品のみといっても、基本的な機能が使えれば良いので、一部の機能が壊れていても問題ありません。また、古いテレビを使用していると、漏電による火事の心配もあるため、まだ使用できるテレビであっても、一定期間を経過したら買い替えることをおすすめします。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • リユースを進めよう(リユース業者と海外輸出先情報)
  • 各国の人気商品と海外リユース先情報
  • 人間が原因の環境問題(エコロジカル・フットプリント)
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  • 電化製品に含まれるレアメタル(希少金属)とは?
  • 環境に与える問題や対策
  • 不用品回収を業者に依頼するメリット・デメリット
  • ゴミの処理問題と対処法
  • 自治体と回収業者の違い
  • 粗大ゴミ処分の方法と選択肢
  • 会社(法人)所有の家電・パソコンの処分方法
  • 廃棄物を扱う場面で必要になる責任や資格
  • リユースやリサイクルをする理由や方法・その後
  • リサイクルとリユースの比較検討
  • リサイクル家電を処分する前に見るポイント
  • リサイクルショップに売る前に見るポイント
  • ネットオークションとフリマ売却で役立つ基本知識
  • 寄付、寄贈の前に確認するポイント
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つポイント
  • 廃棄物の処理問題に関する法律
  • 廃棄物処理の歴史/ルール年表
  • 環境法リスト一覧
  • レアメタルや非鉄金属リスト一覧
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP