広告

 

> > >

 

処分を考えている家電製品について事前に調べておくことと処分方法


  • 家電の処分方法
          リサイクル家電
          小型家電
          大量の家電処分
  • 大型家電の処分
          処分方法の選択肢
          回収エリア
          お見積もり、処分の申込み
  • 家電リサイクル法とは
          リサイクルショップで売却
          回収業者の利用
          家電に含まれる資源
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

    ・NEXT(大型家電の処分方法)

     

     

     

    不用になった家電(リサイクル家電)の処分方法を検証する。

     

     

    不用品処分の中でも家電の扱いは厄介です。大きなネックとなるのが家電リサイクル法。処分する際にもこの法律に則った形で行っていく必要があるのです。家電がどれぐらいあるのかによっても処分の方法が決まってくる場合もあります。

     

    リサイクル家電の処分

     

    家電の不用品処分の場合には家電リサイクル法に基づいた方法が求められます。これが大きな壁となってなかなかうまく処分できないことも多いのです。まず粗大ゴミに出すことができませんし、メーカーや小売店に引き取ってもらう場合にもそれなりの料金がかかります。まず知っておくべきなのは、家電リサイクル法の対象となる家電とそうでない家電の見極め。すべての家電がリサイクル法の対象となっているわけではありません。大雑把にいってしまえば洗濯機冷蔵庫エアコンテレビパソコンが対象となります。ただ、一部例外もあるため、事前によく確認したうえで不用品処分の方法を検討しましょう。

     

    リサイクル法の対象となっている家電の場合には、メーカーか小売店に引き取ってもらうのが第一の選択肢となります。これらの家電にはメーカーが引取り、再利用することが義務付けられているのです。この場合注意が必要なのが家電リサイクル法が施行される前に購入したものかどうか。後に購入したパソコン製品の場合、購入価格にリサイクル料金が含まれているため、別途リサイクル料金を支払う必要はありません。買い替えの際には小売店に引き取ってもらうと手間が省けます。ただ、購入した小売店がわからない、引越などで引き取ってもらえない場合もあります。そんな場合には家電リサイクル指定引取場所に直接持ち込むか、行政に委託された回収機関に依頼することもできます。

     

    小型家電は一般ゴミで処分

     

    なお、リサイクル法の対象でない家電は燃やせないゴミとして出す方法もあります。基本的には30センチ×30センチ四方以内のサイズならこの方法でゴミ回収に出すことができます。たとえばゲーム機、小さなオーディオなど。この場合は無料ですから、可能な範囲で利用するようにしましょう。

     

    また、弊社の場合、このようなゲーム機や小さなオーディオが追加である場合に限り、無料で回収しておりますのでお問い合わせの際にスタッフまでご相談ください。

  • 無料回収物
  •  

    量が多い場合は業者に依頼

     

    大量に家電の不用品処分が必要になるケースもあるでしょう。また、大きすぎる、重すぎるといった理由で自分達では運搬できない場合など。そんなときには不用品回収業者を利用するのも1つの手です。この場合、リサイクル法の対象だろうと対象外だろとう関係なく引き取ってくれますし、運搬もスタッフが全部行ってくれます。洗濯機や冷蔵庫のように家電リサイクル法の対象である上に、重くて持ち運びが困難な家電はこの方法がベストの選択肢となるかもしれません。ただ料金が少々かかるので、できるだけ出費を減らすため、自分で処分できるものはできるだけしたうえで業者に依頼するとよいでしょう。

     

     

    ・NEXT(大型家電の処分方法)

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP