広告

 

> > >

 

廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧『一般廃棄物』


  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  • 不法投棄問題
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

     

     

    元々廃棄物の処分には許可が要りませんでした。しかし許可制度が導入されました。その理由は、廃棄物処理ルール年表(無許可時代から許可制に至るまでの歴史)をご覧ください。ここでは廃棄物の区分と、それを扱う際のそれぞれの許認可等の一覧を記載しています。

     

    廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧


  • 『一般廃棄物』
  • ■該当する物…[家庭から出たゴミ]

    ■主な品目…可燃ごみ、不燃ごみ、缶、ビン、生ごみ等、考え得る全ての家庭ごみ。

     

    ■出す場所…[最寄りのゴミ集積所]

    ■処理に必要な許認可…[一般廃棄物収集運搬業許可]

     

    廃棄物の区分と許可

  • 『事業系一般廃棄物』
  • ※注意…法律に定義された言葉ではなく、処理方法や規制 などに関しての法律上の取り扱いは家庭ゴミと何ら変わらない。

     

    ■該当する物…[事業活動に伴って出たゴミで、産業廃棄物の20品目に該当しないゴミ]

    ■主な品目…『製紙業から出た紙くず』は、『紙を製造する過程で出ている紙くず』なので産業廃棄物だが、 それ以外のケースでの紙くず、例えば破られたノートや不用になったコピー用紙は事業系一般廃棄物。

     

    ■出す場所…[最寄りのゴミ集積所]

    ■処理に必要な許認可…[一般廃棄物収集運搬業許可]

     

     

     

    一般廃棄物の不法投棄問題


    産業廃棄物とは、工場や企業などが産業活動を行った場合に排出されるゴミのこと。それに対して一般廃棄物とは、一般家庭から出るゴミのことをいいます。一般家庭から排出されるゴミといっても、生ゴミばかりではありませんよね。プラスチックやビン、缶などもあれば、家電製品や家具などの大型のゴミなどもあります。これらはすべて一般廃棄物と呼ばれていて、通常の場合には、ゴミ収集などの正規のルートを通して処分しなければいけません。

     

    「不法投棄」というと、業者が産業廃棄物をそこらへんに捨てていくというイメージがありますが、不法投棄には産業廃棄物だけではなく、一般廃棄物も含まれています。また、一般廃棄物の不法投棄に対しても、産業廃棄物と同じ罰則が科せられるので気を付けましょう。

     

    一般廃棄物は家庭から出るゴミですから、不法投棄も悪意が小さかったり、ついつい気軽にしてしまう人もいるようです。しかし、一般廃棄物を不法投棄することは、ゴミを捨てられた周辺で生活している住民たちの生活環境が悪くなってしまうだけでなく、水質や土壌の汚染にもつながります。たとえ小さなゴミ一つだけでも不法投棄。罰金1000万円までか、懲役5年以下が科せられる可能性があることを忘れないようにしましょう。

     

    自治体によっては、不法投棄の相談窓口などが設けられている地域もあるようです。不法投棄で困っていたり、不法投棄を目撃した人などは、そうした相談窓口に相談するようにしましょう。

     

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP