広告

 

> > >

 

安心して不用品回収を業者に依頼するために口コミ、評判、噂を徹底的に確認する。その時に何を基準に調べればいいのか?


  • 評判を確認する方法
  • 業者の噂
  • 費用の相場
  • 評判の信憑性
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

     

     

    不用品回収の評判をチェックする際の必須項目


    不用品回収は事前に評判をチェック した上で選択したいところ。悪質業者によるトラブルも相変わらず全国各地で発生しており、利用者一人ひとりが注意して選ぶ必要があるのです。場合によっては高額の料金を請求され、大きな被害を受けることもあるだけに気をつけなければなりません。

     

    また、パソコンや携帯電話をはじめ、不用品の中にはプライバシーに関わる情報が関わっている可能性があります。こうした製品に関しては業者はきちんとデータを消去したうえで処分すると言っていますが、悪質な業者の中にはこうしたデータを悪用するケースもあるようです。個人情報の流出が大きな問題となっている今、こうした点においても信頼できる業者を選ぶ必要があるわけです。

    ハードディスク破壊をご希望のお客様は無料で破壊致します。ただし、データ消去証明書が必要な場合は別途費用がかかりますので、お気軽にご相談下さい。

     

    では、不用品回収の評判はどのようにチェックすればよいのでしょうか。1番よいのは実際に利用した人から直接聞く方法です。地元の業者を選ぶ場合にはこれがもっとも確実な方法でしょう。本人から直接聞くことで、業者のサービス内容や対応などをかなり詳細に聞くことができます。こちらが知りたいと思っていることを質問できる点も大きなメリットです。

     

    ただ、身近で不用品回収を利用した人を探すのはなかなか難しい面もあるでしょう。そんな時にはインターネットの口コミがあります。手軽さではこれが1番です。ネット上には不用品回収業者の口コミ情報を掲載したサイトもたくさんあります。業者ごとの実際に利用した人の口コミ情報が掲載されているほか、その業者のサービス内容などの基本情報、さらに公式サイトへのリンクが張られているなど情報も充実してるため、いろいろな面で役立てることができます。

     

    評判をチェックする際に確認 しておきたいのが良し悪しを判断する基準です。どうしても料金に意識が傾きがちですが、それ以外にもいろいろなチェックしておきたい部分はあります。たとえば料金交渉が可能かどうか、料金形態はどうなっているのか、追加料金はどのような形で発生するのか。そしてスタッフの対応。サービス内容に直接関係するポイントはもちろん、スタッフの対応のように直接関係ないポイントもチェックしておきたいところです。

     

    スタッフを家にあげて作業してもらうことになるわけですから、信頼できる業者、人たちであることは大前提ですよね。こうした点をどれだけ事前に評判で確認することができるか。これが不用品回収で失敗しないための鍵といってもよいでしょう。十分な情報収集を心がけるとともに、できるだけ信頼できる情報を探していきましょう。

     

    口コミサイトの問題点(Wikipedia)には、『利害関係による情報操作、自作自演(いわゆるヤラセ)や競合を貶める嫌がらせ、さらには褒め殺しなどがある。サイト運営者自体が意図的に情報を操作しているケースもある。』とあるので、100パーセント信用してしまうのではなく、直接問い合わせることが一番だと思います。

     

    業者の評判


    不用品処分業者は評判が非常に重要です。 これは利用する私たちにとってもそうですし、業者の側でも同様です。なぜなら不用品回収業者の中には悪質なところも多く、多くの人の心の中では業界全体に対する不信や疑念があるからです。一度でも不用品処分を業者に依頼したことがある人は、その際に「大丈夫だろうか」と不安をよぎらせたことがあるのではないでしょうか。また、業者としても「信頼できない」「料金をふっかけてくる」といった評判をもたれてしまうと営業のダメージとなります。派手な宣伝で評判を回復するのが難しい業種だけに、評判には敏感になるわけです。

     

    それだけに、私たち利用する側としては業者に依頼する際にはなるべく事前に評判をチェックしておきたいですね。理想としてはすでに利用したことがある人から直接評判を聞きたいところです。ただ、近所や友人で不用品回収業者を利用したことがある人はあまり多くないでしょう。そのため直接評判を聞くだけでなく、口コミ評価を確認することも求められます。ネット上の口コミには十分な吟味が必要ですが、掲載されている内容からその業者の良し悪しやサービスの内容を確認するよい材料となります。

     

    ただ良し悪しの評価をチェックするだけでなく、スタッフの対応や料金なども見ておきましょう。不用品処分の料金は曖昧な面もあるため、事前のその業者の料金が高いのか低いのかを評判で知っておくで比較検討の際に役立ちます。ネット上には不用品回収業者の口コミを掲載したサイトもあるので調べてみるとよいでしょう。ただ大手業者に偏っている傾向がある点がネックです。

    こうした方法で評判を確認できない場合もあるでしょう。地元にある小さな業者の場合はとくに難しい面があります。そんな時には見積もりに来てもらうのが1番です。訪問での見積もりはどこも無料で行っていますから、直接来てもらい、査定や交渉をしていくなかで対応などをチェックするのです。中には強引に依頼を迫ってくるところもありますが、断固として断るようにしましょう。そして不快な思いをした場合はそのことを友人・知人と共有し、新たに評判を作り上げていくようにしましょう。

     

    不用品処分の作業にかかる時間は それほど長くありません。業者の仕事は引き取ってからの方が多いのです。そのこともあってか、不用品回収業者の評判は良いか悪いかはっきり分かれる傾向があります。客と接する短い時間の間で悪い評判を得てしまうような業者は避けた方がよいでしょう。この点も業者が評判を気にする大きな要因といえます。業者に不用品処分を依頼する場合には事前にどれだけ役立つ情報・評判を手に入れられるか。これが当たり外れを決める鍵ともなりそうです。

     

     

    業者の噂


    不用品処分、とくに回収業者に依頼する場合には いろいろと不安が付きまとうものです。トラブルの話もよく聞きますし、さまざまな噂も見かけます。そのため不用品を抱えながら適切な方法を見つけられずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

     

    そんな不用品処分の噂でもっとも多いのが悪質業者の存在 です。以前から悪質な業者の被害、トラブルが相次いでおり、それは現在でも解消されていません。そんな悪質業者の手口に関する噂もよく見かけます。代表格としては不当請求があります。最初は無料を謳っておきながら、いざ作業をはじめてからあれこれと言い訳を並べ立てて料金を請求してくる手口がよく聞かれます。作業をはじめてしまえば断るに断れないだろう、というわけです。噂では女性の一人暮らしや高齢者世帯を狙ってこうした手口を行う業者が多いといいます。また、正式に依頼していないにも関わらず一方的に不用品の積み込みをはじめてしまう業者が多いとも言われています。

     

    また、依頼した際にはとくに不都合は感じないものの、問題のある処分を行う悪質業者の噂も耐えません。よく聞かれるのが不法投棄問題。河川敷などにいくと大量の家具や家電が投棄されているのを見かけることがあります。悪質業者の中には高いお金を受け取って不用品処分を行っておきながら正しい方法で処分せず、不法投棄で済ませるケースも多いといいます。これら不法投棄されたものの回収/処分は行政が行っています。場合によっては毎年1000万円を越える予算を税金から割いている自治体もあります。見えないところでわたしたちの負担となっているのです。また、自転車など身元がわかるものを不法投棄した場合、後日警察から依頼人へ問い合わせや注意がもたらされるといった問題が生じる話もよく聞かれます。

     

    さらに、現代社会において不安視されているのが個人情報の流出。 この点はとくに噂が一人歩きしている傾向が見られます。たとえばパソコンを引き取ってもらった際、業者がハードディスクから個人情報を抜き出してそれを売っている、といった噂です。ハードディスク内に本人や友人の個人情報、あるいはビジネスにおける機密、顧客情報などが入っていた場合、それが流出してしまうわけです。実際このような手口を行っている悪質業者がどれだけいるのかよくわかりませんが、根も葉もない噂として片付けるのは危険なようです。複数の業者に見積もりを依頼し、しっかりと検討して判断すれば噂にあるようなトラブルに見舞われるリスクは少ないでしょう。ただこうした噂の元となるような問題が全国で発生していることは頭に入れておいて損はないでしょう。それだけ業者選びが重要で、事前の情報収集が求められることを意味しています。

     

     

    かかる費用の相場は?事前に調べてトラブルを防ぐ


    どの程度の料金がかかるのでしょうか。 不用品の処分を業者に依頼しようと思っているけどどれぐらいかかるのかわからないから躊躇している、という人も少なくないはずです。また、悪質な業者に騙されるのを警戒して利用を躊躇している人もいるはずです。

     

    不用品処分の相場を知るのは簡単ではありません。 理由はいくつかあります。まず業者が独自に設定しているため、幅が出ることが多い点。同じ作業なのに業者によって驚くほど料金が異なる場合があります。これは、業者がどれだけ利益を見込んでいるかだけでなく、回収した不用品の処分方法、人件費なども関わってくるので複雑です。

     

    もうひとつの理由が不用品といってもさまざまな種類があり、それぞれ料金が異なってくること。不用品処分を利用する人のほとんどは大量の不用品を抱えています。家電、家具から日用品まで。それらひとつひとつの料金を事前に細かくチェックするのは不可能に近いでしょう。さらにエリアによっても相場が異なってくる場合があります。人件費、業者から依頼人の家までの移動距離、さらには回収した不用品の廃棄、リサイクル、リユースのルートなどがその理由です。またたくさんの業者が多いエリアの方が競争原理が働くため割安になる面もあります。

     

    こうした理由から、不用品処分の相場は大まかな数字しか出すことができませんが、比較的相場を把握しやすいのが家具製品。たとえば冷洗濯機、冷蔵庫は安いところでは2,000円、平均としては4,000~5,000円程度となっています。テレビやエアコンなどは2,000~4,000円程度。また、パソコンやエアコンの場合は機種によっては無料で引き取ってもらえる場合もあります。

     

    細かい相場の把握は難しい ですから、全体の費用の相場を見てみましょう。不用品回収にはスタッフの人件費のほか、トラック代や移動にかかる費用などがかかります。とくに料金を左右するのが人件費。何人のスタッフが必要なのか、どれぐらいの時間作業を行うのかで大きな違いが出てきます。引越しや遺品整理など大量の不用品が発生する場合には3人くらいのスタッフが派遣され、10万円程度の費用がかかるのが一般的です。大掃除などで発生した不用品の場合はもう少し量が少ないことが多いため、スタッフは2人、料金は5~6万円程度が相場となります。

     

    このように、不用品処分の相場は大まかなところまでしかわかりません。最終的には業者に見積もってもらう必要があります。その場合には1社のみに依頼せず、必ず複数の業者に依頼してみましょう。そのうえで全体の相場を見極め、どこが安く、どこが高いのかを判断すればよりお得に不用品処分を行うことができるはずです。

     

     

    「評判の信憑性」について社長のつぶやき


    私は映画が好きで、毎週映画館に行きます。それを趣味レベルの映画感想サイトにまとめているのですが、その時に映画監督やキャストを記載するためにYahoo映画という情報サイトを見るんですね。そこには人々の映画に対する口コミや評価が★の数でレビューされているのですが、実は結構信憑性があります。大体同じなんですね。感想が。毎週映画館に行って、映画感想サイトをまとめている人間はそう多くはないと思うのですが、そんな私から見ても、大体同じ評価を抱きます。もちろんたまに、私の芯に迫る映画が正当に評価されていないというケースもありますが、往々にしてあのサイトは、信憑性がありますよ。

     

    でも、だからといって全ての評判サイトに信憑性があるということにはなりません。ある日、モンクレールのダウンジャケットを買おうとしたとき、店に行くのが面倒だからネットで買おうと思ったんです。検索結果の上位にあったサイトをクリックして、割安になっているデザイン性の高いものがあったので、思わず買おうと思ったら、中国の詐欺サイトでした。会社の所在地も電話番号もあいまいだったのです。モンクレールの偽物を売っていたんですね。

     

    今ではGoogleのアルゴリズム(検索結果の上位にふさわしいかどうかを判断する基準)は進化していますので、これ見よがしな悪質サイトは淘汰されていますが、これはイタチごっこですからね。人間が居る限り、こういうことは続くと思うのが賢い判断です。

     

    とにかく、評判の信憑性を疑ってかかった方が良いかもしれません。詐欺が横行するこの時代、消費者一人一人の見識(見る目)が問われているのです。でもそれを下向きに捉えるのではなく、むしろ『やった。こういう時代を経れば、見識が鋭くなって、より逞しく生きていけるよ。』と思うのが正解です。

     

     

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP