広告

 

> > >

 

それぞれの廃品回収でリサイクルをする目的を確認する


  • リサイクルが目的
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

     

     

    リサイクル目的で行う廃品回収


    リサイクル廃品回収を行なっているという業者をご存じの方も多いかもしれません。最近では様々な形態の廃品回収が行われているので、リサイクルと一口に言っても種類があります。まず空き地などで無料廃品回収を行なっている業者を見かけたことがあるかもしれません。 幹線道路沿いに「無料廃品回収」とのノボリを立てていることも多くなっています。こうした業者は、空き地回収業者と呼ばれることもあります。

     

    本来、廃棄物の回収には許可が必要です。廃棄物でない有価物の場合には古物商の許可が必要となります。しかし空き地回収業者はこうした許可を取得していません。 有価物でありながら、無償で引き受けることにより「廃棄物回収許可も古物商の許可も必要ない」と主張しているのです。 回収された廃棄物がどこに行くのかというと、そのほとんどが転売されることになります。 転売後は粉砕されたり輸出されたりしています。

  • 無料回収できる物品
  • 海外リユース情報
  •  

    リサイクル廃品回収業者の中には、軽トラックで拡声器を使用して巡回している業者もいます。最近、トラブルが多く報告されている業者です。高齢者から法外な処分料金を徴収したり、委託された廃棄物を不法投棄したりしているため、政府からもこうしたリサイクル廃品回収業者に注意するよう指導がなされています。空き地廃品回収業者と同様、こうした業者も廃棄物回収の許可や古物商の許可を取得していないことが一般的です。

     

    では本当の意味でリサイクル廃品回収を行なっているのは、どのような業者なのでしょうか。まず廃棄物回収の許可を取得していることは必須と言えます。法を守り、適正に回収業務を行なっている場合にのみ許可がだされるわけです。許可なしで回収を行なっている業者が、環境のためにリサイクルを行なっていると宣伝したところで、説得力がありません。法のもと、許可を申請してない業者に適正な処理などできるはずもありません。

     

    本当に環境のためを考えるなら、リサイクルよりもリユースに力を入れるはずです。リユースのほうが間違いなく環境に優しいからです。そう考えると、回収の際には有価物を引き受けることもありますから、古物商の許可も必須と言えそうです。つまり、廃棄物回収・古物商の両方とも許可を得ている業者が、リサイクル廃品回収を可能にする業者といえるでしょう。

     

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP