広告

 

> > >

 

電気屋での不要家電の引き取り(下取り)方法とタイミング、料金では回収業者とどちらが得なのか考えてみる


  • 電化製品の引き取り
  • 下取りと業者の違い
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

     

     

    電気屋のテレビ、その他電化製品の引き取り


    不要になった液晶テレビの引きとり については、家電ショップを利用できます。2001年に施行された家電リサイクル法によって、テレビの引きとりは、そのテレビを購入した家電ショップが行うことが義務として定められており、リサイクルショップで購入した場合も、リサイクルショップに引きとりの義務が発生します(ただし、車載用液晶テレビなど、電池式の液晶テレビは、家電リサイクル法の対象外となります)。もしも購入したお店が不明の場合、または引っ越しなどによって遠くの地域になってしまった場合は、それぞれの住所のある各自治体の案内に従って、指定取引場所へと送ります。

     

    ただし、新しいテレビを買い替える時は、 不要となったテレビを購入した家電ショップではなく、新しいテレビを購入する家電ショップを利用することが一般的です。新しいテレビを購入する時に、窓口で引きとり依頼を行い、リサイクル料金と収集運搬料金を支払って、家電リサイクル券という管理票を受け取ります。リサイクル料金というのは、家電リサイクル法で定められた消費者の義務であり、メーカーがリサイクルのために必要とする費用の一部を消費者も負担します。

     

    また、収集運搬料金は、家電ショップが指定取引場所またはリサイクル工場へと家電を運ぶために必要となる費用であり、大体525~1,050円かかります。リサイクル料と収集運搬料金は、液晶テレビのメーカーやサイズによって異なりますが、合計すると大体15型以下で2,310円、16型以上で3,360円となります。ただし、海外メーカーの場合リサイクル料金が異なることが多いので、あらかじめ公式サイトなどで確認する必要があります。

     

    また、近年は液晶テレビの 引きとりを無料で行う不用品回収業者が増加していますが、一部の業者は許可を受けていない違法業者であり、回収したテレビをきちんと処理せず、違法に海外に輸出したり、ぞんざいな中間処分をするバイヤーに丸投げしているケースもあります。液晶テレビの中には有害物質も含まれているため、故障したまま輸出することで、現地で環境破壊や健康被害を引き起こします。また、いったん無料で回収しておいて、輸出してもお金にならないようなテレビは、そのまま不法投棄している業者も多く、国内の環境悪化も招きます。

     

     

    買い替えの下取りと、回収業者の違い


    壊れたり、古くなったりした電化製品を買い換えたとしても、使わなくなったものはどう処分すればいいのかわからない人もいると思います。

     

    下取りの場合


     

    掃除機などの小型家電の場合、購入店舗で下取りをしてもらえない場合でも邪魔にならないので役所の粗大ゴミに申し込みをして出したとしても料金もそこまでかからないので下取りでなくてもいいと思います。

    ただ、通販番組などでは下取りでさらに○○円の割引などもあるので、買い替えの場合は下取りでの割引サービスがある場所を探してみるのもいいかもしれません。

    割引サービスがなくても、下取りをしてもらえる場所であれば、後日別の方法で処分したとしても、そこまで料金は変わらないので下取りをしてもらうのがいいと思います。

     

    回収業者、粗大ゴミの場合


     

    では、下取りをしていないお店で新しいものを購入した場合はどうすればいいでしょうか?

    リサイクルショップなど中古販売店では半分ぐらいが下取りしてもらえないかもしれません。そういう場合、小物家電であれば粗大ゴミで処分したり、押し入れにしまって大掃除の時などにまとめて処分してもいいと思います。

    ただ、これが冷蔵庫やテレビ、洗濯機など大きくて邪魔になるようなものの場合、そうも言ってられないと思います。冷蔵庫であれば保存方法によってはカビが生え、悪臭がするかもしれません。そういったときに便利なのが不用品回収業者や便利屋といったサービスだと思います。場所によっては料金も下取りと変わらない場合もあるようです。多少金額がかかったとしても、後々邪魔になり、困ることを考えたらすぐに行動したほうが逆にスッキリするということもあるようです。

     

     

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP