広告

 

> > > >

 

エアコンを買い換えるときに注意しなければいけないポイントとその理由

 

クエスチョン

エアコンの買い替えで確認することは?

アンサー

まず、今使用しているエアコンが下取り可能か、付け替えにどのくらいの費用がかかるのかを確認しましょう。エアコンの代金以外に作業内容によっては余計な出費が出てしまうので、事前交渉で安くできる部分は安くする必要があります。

 

 

目次

 

エアコンを買い替える時に注意するポイントや、エアコンのリサイクル、リユースの方法やその背景を確認して、エアコンという商品に対する意識と知識を強化しましょう。

 

チェック

 

  • 中古エアコン
  • 処分・買い取り
  •  

     

     

    中古エアコンの購入価値を考察する

     

    考察

     

    エアコンは性能によっては高価です。中古でもよいと考える人もいます。しかし、一部の販売店では中古エアコンを積極的に販売していません。メーカーの保証がないこと、修理の部品がないこと、機能が古いため電気代や冷却などの効果が低いことなどを理由として挙げています。もちろん中古となれば型落ちをしていますし、メーカーの製造・販売が終了している製品もあります。

     

    これが中古の特徴で、このような製品だからこそ安価に購入することができるのです。故障した時に部品がない、と考えられいこともありません。しかし、メーカーとしても製造終了後数年は部品の保存が義務付けられています。メーカーが部品を保存しているのは製造終了後9年です。いくら中古とはいえ、10年以上も前に作られた製品をわざわざ購入する人はいないと考えてよいでしょう。

     

    家電製品は日進月歩で次々と新しい性能を備えて発売されています。その上、新しい製品ほどエネルギー効率が良く、電気代がかからないエコな製品が多くなっているのです。設置工事費は新品でも中古でも同じですし、撤去、廃棄の費用も同様にかかります。このような面を考えると、発売から数年の型落ちを中古の価格で購入したとしても損をすることはないと考えられます。中古エアコンを販売しているのはメーカーではありません。中古製品専門の販売店があり、複数のメーカーを取り扱っているのが一般的です。メーカーの製品保証期間が終わっていたとしても、販売店で製品保証をしているのが一般的です。中古エアコンを購入するのではあれば少なくとも販売店の保証がある製品を購入すればよいのです。

     

    たとえば、中古品は故障しやすいと考えている人がいますが販売店では、新品同様にメンテナンスした製品を取り扱っていますので、故障についてさほど神経異質になる必要はありません。また、故障すると修理費が高額になるという噂がありますが、心配ならば購入するときに販売店で費用についての確認をしておくと安心です。たいていは部品が確保できれば新製品の修理と大差のない費用で修理することができます。エアコンに限らず家電製品のメーカーも製品も複数あります。

     

    新品ならばメーカー系列の取り付け業者に依頼をすれば済むことですが、中古製品場合には、取り付け業者の選択に迷ってしまいます。メーカー系列の業者が請け負ってくれれば安心ですが、販売店または一般のエアコン取り付け業者では製品によっては取り付けに慣れていない製品である可能性もあります。取り付けを依頼するときには、購入機種をそのまま設置できるかどうかを販売店に確認することが必要です。

     

     

     

    エアコンの買い取りを依頼する前に見るチェックポイント

     

    エアコンを新しくするときにはエアコンの買い取りサービスを利用すると少しでも費用の足しになります。新品ばかりでなく、中古品でも条件によっては高額で取引をしてくれることがあります。使用していなエアコンがあるのなら部屋のオブジェにしておくよりは少しでも価格が付くうちに早めに処分してしまうとよいでしょう。無料て査定をしてくれるところが多いのですが、出張査定を依頼する前に簡単な電話査定をすることもできます。

     

    エアコンの買い取りでの高額査定の目安は、備品が全て揃っていることがまずあげられます。取扱説明書、リモコン、など付属品が欠けていると査定額はマイナスになります。また、発売から年数が経っていないことも査定額のプラスになります。たとえ未使用でも年式が5年以上になると査定額が下がってしまう確率が高いです。最新式で高性能であるほどプラスの要素が高くなります。メーカー品であること、人気商品であれば使用していた製品でもプラス査定となります。もちろん、室内機に傷がないこと、汚れていないこと、正常運転することは最低限の条件です。

     

    また、室内で喫煙をしている場合には、エアコン内部にまでヤニ汚れがついていますので、評価としては大きく下がります。喫煙をしない人はヤニの臭いに非常に敏感です。例え分解洗浄をしてしても痕跡が残っていれば価格に響くことは覚悟したほうがよいでしょう。設置状態もポイントです。たとえば室内機が2階にあって室外機が1階にあるような場合には取り外しに手間がかかってしまいますので査定が下がるか、場合によっては買取り不可となることもあります。

     

    実際にエアコンの買い取り査定をしてもらうことになったら、査定前のエアコンの洗浄は欠かせません。フィルターの掃除だけでなく、全面パネルなどの外せる部品は個々にしっかりと洗浄します。水拭きだけでなく、洗剤も使用して清潔な状態にしておきます。水洗いできな電源コードや設置周辺の壁の汚れも拭き取っておくと印象が良くなります。リモコンの掃除も忘れないことが大切です。リモコンは意外と手垢で汚れていますので、拭き取りシートなどを利用して清潔にしておくとよいでしょう。日常的にフィルターの掃除をしていたり、業者による分解洗浄を行なっている場合にはさほど神経質にならなくても大丈夫です。この時、スプレー式の洗浄剤は使用しない方がよいです。誤って電源系統に洗浄剤がかかってしまうと故障の原因になってしまいます。せっかくの査定がゼロになってしまっては元も子もありません。

     

     

    確認ポイント
  • 中古エアコンは保証を確認
  • 取り付けや取り外し作業可能かを確認
  • 買取依頼の前には手入れが必須
  •  

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • エアコンのメーカー別回収方法
  • タイプ別のエアコンと基本料金
  • 掃除とお手入れ
  • 取り外し
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP