広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

エアコンから出る気になる臭いを解消!自分でできる掃除とお手入れ方法

 

処分方法

エアコンの掃除は自分でできますか?

処分方法

日頃からフィルターのホコリを掃除機で綺麗にしたり、市販の洗浄剤でできる範囲を掃除することはできます。

 

ただ、内部にまでホコリが溜まっている場合は、業者に依頼して分解洗浄してもらうことをお勧めしています。

 

目次

 

エアコンのお手入れや、メンテナンスに役立つ情報を確認して、少しでも長く使用するようにして、故障、修理ということにならないように注意しましょう。

 

チェック

 

  • エアコンのクリーニング
  • 分解洗浄
  • 清掃の仕方
  • エアコンの修理費
  •  

     

     

    エアコンのクリーニング

     

    家電は丁寧なメンテナンスをマメに行うことで、使用効率が維持できますし、寿命を延ばすこともできます。異臭や異音があっても我慢をして使い続けていると劣化が進んでしまいます。故障や事故の原因になりかねませんのでエアコンのクリーニングなるべく定期的に行なった方がよいのです。エアコンのクリーニングの前後では、風量や冷却効果が違うことを如実に感じることができます。

     

    汚れ

     

    たとえばフィルターの洗浄をマメに行うだけでもその効果を得ることができます。フィルターは室内の空気を取り込んで冷却をして再び室外に放出します。フィルターに埃やゴミを貯めないだけでも空気の通りがよくなります。フィルターの洗浄はそれほど手間がかかりませんので、1カ月に2回程度の頻度で行うと効果的です。この際、掃除機をかける向き、シャワーを当てる向きを間違えないことがきれいにするコツです。

     

    エアコンの内部が汚れていると室内の空気も汚れてしまいます。肌荒れ、アレルギー、アトピーなどの原因の一端となる可能性もあります。エアコンの内部はカビやダニの繁殖しやすい環境にあるので、注意を怠ってしまうと温床になってしまいます。エアコンのクリーニングはこのようなことを回避すためにも必要なのです。電気代が高くなる原因もエアコンの汚れは関係しています。寿命かもしれないと買い替えの検討に入る前に、クリーニングをいつ行ったのかの確認をしてみましょう。前回のメンテナンスから数年が経過していたらクリーニング時といえます。

     

    自分でできるエアコンのクリーニングの部分はパネルやフィルター以外に熱交換器があります。銀色の複数のヒダになっている部分ですが、この部分にもカビやダニ、埃が溜まりやすいという特徴があります。室外機にも同様な部分があり、やはりクリーニングをした方がよい部分です。エアコンは本体だけでなく室外のケアも忘れずに行うことで充分に機能を発揮することができるようになるのです。ファンもよごれが付きやすい部分です。頻繁にケアをする必要はありませんが定期的なケアは行なった方が良いです。臭いや音が気になるようになったらエアコンのクリーニング時です。そのまま使い続けるとどんどんと汚れが溜まってしまいます。

     

    涼しい

     

    セルフケアができる洗浄剤を利用すればある程度の効果は期待できます。しかし、分解洗浄までは行うことはできません。エアコンのプロに依頼して、クリーニングをすると隅々まできれいにすることができ、快適なエアコンライフを続けることができるようになります。

     

     

    エアコンの分解洗浄

     

    エアコンのフィルターはきれいに清掃しているのに運転能力が低下している、異臭がする場合にはエアコン内部の汚れが原因かもしれません。市販の洗浄剤を使用すればある程度はきれいにすることができますが、汚れが残っている場合があります。また、頻繁に運転をしていない場合でも汚れが内部に溜まってしまうこともあります。早急にエアコンの分解洗浄をしないと、使用するたびに室内に埃、カビの胞子がまき散らされる事となり、ハウスダストによるアレルギーの原因にもなります。空気清浄器を併用する人がいますがきちんと洗浄をすればその必要もなくなります。エアコンから放出される空気をクリーンにするには、市販のエアコン洗浄剤を利用したとしても隅々まできれいにすることはできません。エアコンの分解洗浄を行なった方が内部まできれいにすることができます。

     

    エアコンは日頃からフィルターのお手入れをしてくと内部が汚れる頻度が少なくなります。しかしエアコンの内部の汚れを回避することにはなりません。フィルターを通せば空気はある程度はきれいになって室内に放出されます。しかし、エアコン内部が汚れていれば、せっかくの空気も汚れを付着してフィルターから室内に放出されることになるのです。このような理由から一定期間使用したら分解洗浄をした方が良いといえます。エアコンの分解洗浄には専門的な知識が必要です。内部は複雑な構造になっていますので、安易に素人がいじってしまうと事故の原因となりますので、信頼できる業者に依頼するのが安心です。

     

    季節の変わり目は使い始めには埃やカビの菌が溜まっている可能性が高くなります。たとえカバーをかけていたとしても洗浄してから運転を開始したほうが室内をきれいに保つことができます。汚れがたまったまま使い続けると、室内にが汚れるだけでなく、エアコン内部にさらに汚れが溜まってしまいます。更に運転効率も低下し電気代が必要以上にかかってしまうことにもなります。エアコンの分解洗浄をお手入れとして取り入れると、効率のよい運転ができますので耐久年数を延ばすこともできます。エアコンのフィルターは2週間に1度程度が目安です。

     

    そして、内部洗浄はワンシーズンに1度程度が目安となります。分解洗浄はできれば年に1度が望ましいのですが、数年に1度は検討するとよいでしょう。運転効率の低下が必ずしも買い替えの時期とは限りません。エアコンの分解洗浄も選択肢に入れてもよいでしょう。

     

     

    エアコンの清掃の仕方

     

    フィルター

     

    エアコンの清掃は自分ですることができます。きれいにする方法やコツを知っておくとマメにきれいにしておくことができますので、いつでも快適な室温と空気の中で生活をすることができます。エアコンの清掃の仕方として最低限の基本的なことはフィルターの掃除です。本体から外したあと掃除機で埃を取り除くことできれいにすることができます。できれば、フィルターを外す前に本体の外側から掃除機をかけて大まかに埃を落としておいたほうがフィルターを外したときに埃が落ちにくくなりますので室内を汚しません。

     

    フィルターはあまり頑強な作りになっていません。破損を防ぐために丁寧に取り扱うことが必要ですし、埃で室内が汚れるのを予防することもできます。フィルターには表と裏があります。埃による目詰まりの原因となりますので外した向きのままそっと掃除機をかけるときれいに吸い取ることができます。また、水洗いをする場合は逆の向きから水をあてます。シャワーの水圧を利用するときれいにすることができます。

     

    フィルター以外の部分もエアコンの清掃の仕方のコツを覚えれば掃除をすることができます。拭きだし口やルーバーも手の届く範囲で拭き掃除をしておくと、エアコンからの空気がきれいになります。この時最も大切なことは、コンセントほ外すことです。電気系統になりますので感電予防のために必ず行うことが必要です。硬く絞った雑巾やタオルなどでふくだけでもきれいになりますし、薄めた中性洗剤液を利用するとさらにきれいになります。洗剤を利用した場合には二度拭きが必要です。拭き掃除の後は全てをセットしてから電源を入れ送風運転をします。

     

    エアコンの清掃は簡単にスプレー式のエアコン洗浄剤のみで済ましてしまう人もいますが。フィルターはきれいにすることができませんので、手間がかかってもマメに掃除をすれば時間もかかりませんし、常にきれいな冷風・温風が送られます。スプレー式のエアコン洗浄剤はフィンを清潔にしてカビやダニの菌を洗浄してくれます。しかし、あまりにも汚れが溜まっている場合には、洗浄剤のパワーでは落とすことができずに詰まりの原因になることがあります。

     

    また、電気系統にかかってしまうと故障の原因になつてしまいます。エアコンの清掃の仕方が正しければ排水ホースから真っ黒い水が汚れや埃とともに排水されます。利用する製品の説明書を隅々まで読んで実行することが大切です。何よりエアコンが常にきれいだと熱効率もよいので節電効果が高まります。

     

     

    エアコンの修理費

     

    お金

     

    エアコンが故障かもしれないと感じたら修理をして治す必要があります。ただ、修理依頼をする前にいくつか確認をしておいた方がよいでしょう。修理依頼をすると何事もなかった場合でも出張費や器具の診断費用などがかかってしまいます。業者や内容によって費用の幅はありますが、1万円前後かかることもありますので、意外と大きな出費となってしまいます。

     

    たとえば、作動しないときには、コンセントやブレーカーの確認が必要です。外出などでコンセントを抜いてしまったことを忘れている可能性もあります。リモコンで作動しなくても自動運転で作動すればリモコンの電池切れの可能性があります。リモコンの電池残量が少なくなっている場合には誤作動の確率が高いのです。一度電源を落として再起動させると正常に運転することもあります。しかし、仕様書に記載されている基本的な点検動作を実行しても正常に作動しないときには、修理の依頼をしたほうがよいでしょう。工事関連では、接続部からの水漏れ、オイル漏れなどもあります。配管を外から確認してテープの色が変わっていたら点検が必要です。

     

    一般なエアコンの修理費の目安として、室内機の基板の交換なら1万円前後、室外機の基板の交換は2万円前後かかります。エアコンの修理費は基本的に保障期間内の故障は費用が発生しません。もし心配ならば、修理の依頼をするときに大まかな費用の確認をすると安心です。エアコンの修理費はメーカー委託の業者の場合にはほぼ同額になっていますが、出張費などで差額が生じることがあります。家電製品は長期間使用しても修理の必要がない優秀な製品が多くあります。ただ、10年以上経過した製品の修理には多くの出費を覚悟したほうがよいです。通常、部品の保持は製造中止から9年が目安です。そのため、修理を依頼しても部品の入手ができないことがあり。修理不能と判断されることもあります。

     

    愛着がある製品だからと無理に修理の依頼をするより最新の設備に買い換えた方が費用がかからないこともあります。また、最新の機器は技術が進歩していますので、能力が高い上に電気消費量が少なくエコな製品となっていることが多いです。正式に依頼する前に、エアコンの修理費は電話などで問い合わせをすると目安がわかります。修理が難しく廃棄の手続きを取する場合には信頼できる業者への依頼が必要です。

     

     

    掃除やメンテナンスのポイント
  • フィルター掃除など簡単にできることで使用効率を維持
  • 臭いが激しい場合は分解洗浄
  • 故障の場合は修理、買い換えを慎重に検討
  •  

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • エアコンのメーカー別回収方法
  • タイプ別のエアコンと基本料金
  • 買い換えるときに注意
  • 取り外し
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP