広告

 

> > > >

 

エアコンの処分に関する4つの法的観点

 

エアコンを処分するときに、なぜリサイクルが義務付けられたのか。家電リサイクル法の内容と現在抱えている環境問題の情報を記載しています。

 

目次

 

  • 家電4品目
  • 家電リサイクル法
  • 再生資源の利用の促進に関する法律
  • 特定家庭用機器
  •  

     

     

    家電4品目

     

    エアコンのほかに、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンがこれに該当します。

     

    電化製品の廃棄の方法を見直しによって家電リサイクル法が制定されました。電化製品のエコ化や機能の進化によって日々新しい製品が開発製造されています。これによってそれまで使用していた製品を見直して買い替えをするケースも増えています。廃棄する際に費用を付加して、既存の製品や製品に含まれる特定物質を有効活用するための費用に充当させるというものです。

     

    対象となっているのは家庭用として製造された製品のなかでも4品目に限られています。衣類乾燥機を含む洗濯機、冷凍庫を含む冷蔵庫テレビにはプラズマ、液晶、ブラウン管タイプが含まれています。エアコンはマルチタイプハイブリッドタイプを含む家庭用の製品が該当します。メーカーでは業務用と家庭用の製品を分けて販売してます。このため店舗などで家庭用の製品を利用している場合には家電リサイクル法の対象となります。 

     

    家電リサイクル法の目的は資源有効活用、環境保護、ごみの減量化などです。特に家電4品目には有効活用できる貴重な物質が含まれている確率が高くなっています。また、エアコンに限って言えば、稼働のために必要なある種のガスが大気汚染物質になりますので、できるだけ取り外しは専門業者に依頼したほうがよいのです。特に家電4品目は廃棄方法が不適切だと、将来的に地球に大きな負担がかかってしまいます。環境維持のためにも正しい処分方法の実行が大切なのです。

     

    業務用の製品以外にも、対象外となるケースもあります。たとえばエアコンについていえば、マルチタイプのエアコンのうち、天井・壁面に埋め込まれている製品は対象外となります。また、吊り下げ型の製品も対象外です。判断に迷った時には家電リサイクルセンターで相談を受け付けています。メーカーと型番を控えて問い合わせをするとよいでしょう。リサイクル券の購入で廃棄する以外にもリサイクルの方法があります。

     

    特に家電4品目は不用品回収業者への廃棄依頼はしないことが大切です。営業許可を持っているとしても、適切にリサイクルを行なえるルートを確保できていない業者も多いためです。もし処分したいエアコンが比較的新しい製品で破損がなく、問題なく使用でき手いる場合には、中古品買取りショップに相談をするとよいでしょう。査定の費用はほとんどが無料です。フィルターやカバーをきれいに掃除して見栄えをよくしておけば査定額もアップします。なによりリユースはごみの減量化につながりますので、エコ活動の一環として積極的に利用するとよいでしょう。

     

     

    家電リサイクルを行う理由と消費者とメーカーの責務

    家電リサイクル法の制定によって電化製品の買い替えや廃棄を気軽に行えなくなりました。これは全ての電化製品に課せられた法律ではなく、特定の家電を対象とした廃棄手続きの方法です。対象となっている製品は冷蔵、エアコン、テレビ、洗濯機の4種類です。自治体によって粗大ごみの廃棄取扱い方法は異なりますが、これまではこの4種類の家電についても粗大ごみとして取り扱われていた自治体がほとんどでした。

     

    しかし、今後は基本的には製造メーカーに回収する義務が生じます。廃棄する場合にはメーカーが契約した業者に依頼するか買い替えをする販売店に依頼をすることになります。家電リサイクル法の目的は、ゴミの減量化と資源の有効活用です。家電には、放出されると大気汚染につながるガスが含まれていることがあります。廃棄を規制することによって環境汚染の予防にもつながります。また、家電にはほんの微量ではあるのですが貴重な資源となる物質が含まれています。家電リサイクル法にはこの資源を有効活用するという目的もあります。

     

    特定家電は4種類ありますが、たとえばテレビにはブラウン管、液晶、プラズマの製品が対象となります。洗濯機には、衣類乾燥機も含んでいます。また、家庭用の冷凍庫は冷蔵庫の規定に含まれます。そしてエアコンですが、エアコンは家庭用に限定されています。石油、ガス、電気などを併用しているハイブリッドタイプも対象に含まれています。また、リモコン、同梱されていた工事部品も対象です。室外機のみ室外機のみの廃棄は可能ですが、セットでの廃棄でない場合でも1台分の費用が必要です。1台の室外機に複数の室内機を接続して使用するマルチエアコンが普及していますが、家庭用の機器でも対象外となる製品があります。天井に埋め込んであるタイプ、天井から吊り下げてあるタイプ、壁面に埋め込んであるタイプです。これらの買い替えや廃棄についてはメーカーや設置業者への確認をすることが必要です。

     

    家電をリサイクルする義務を負うのはメーカーですが、かかる費用は消費者の負担となります。必要な費用は、リサイクル料金と収集運搬料金が必要です。収集運搬料金は廃棄する製品の引き取りにかかる運送料です。家電リサイクル法の制定後には、これらの費用が購入時に発生しています。領収書がないと再度費用の支払いが必要となりますので、買い替えをした時には費用が付加されているかを確認して、家電リサイクル券の写しの保管をすることが大切です。

     

     

    再生資源の利用の促進に関する法律

    天然資源が枯渇の危機にある状態の中で、限りある資源を有効に活用しようという声が高まっています。たとえば電化製品の中には貴重な天然資源を原材料の一部として使用しているものがあります。そのため、これまで居住する自治体で廃棄処理をしていたシステムを見直し、製品のリユースあるいは廃棄する製品のリサイクルを法のもとで推進することになりました。しかし、市町村のリサイクル施設には能力に差があることやリサイクル難しいということで、原則として製造メーカーが最終的な処理を担うシステムにしたのです。家電製品は、メーカー、販売店、消費者がそれぞれの役割を分担して、再生資源の利用の促進がすすめられています。

     

    このような再生資源利用の促進に関する法律の中には特定家庭用機器再商品化法が含まれています。この法律は通称を家電リサイクル法といいます。そして、家電製品の中でも4種類の製品に特定して再生資源の利用を目指しています。エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機が対象となっています。これらの製品の廃棄にはリサイクル券の購入が必須条件となっています。消費者は製品を購入した店舗に廃棄の依頼をし、依頼された販売店は回収をします。対象となるエアコンは室内機と室外機によって稼働する従来のタイプで室内機は壁掛けタイプか床置きタイプの製品です。

     

    壁面や天井埋め込みタイプは対象外となっています。配管工事が必要ないウィンドタイプは対象となっています。再生資源利用の促進に関する法律の家電リサイクル法の対象とされている4品目は家庭用に限定されています。業務用や埋め込みタイプの製品の廃棄については確認が必要です。

     

    再生資源利用の促進に関する法律においてエアコンが目指すリサイクル率は総重量の7割です。回収後は製造したメーカーの担当部門に配送し、そこでリサイクルが行われます。製品をパーツごとに分解して分別します。パーツによってはリユースできるように加工をして製品の一部として利用します。リユースができない部分については、粉砕、廃棄処理を行うか、まったく別の製品に加工がおこなわれることもあります。エアコンには資源となる原材料も微量ながら含まれていますが、フロンガスも冷媒として使用しています。フロンガス地球温暖化の原因のひとつにもなる物質なので慎重に回収して処理することが必要です。製造メーカーはエアコンを回収したあと必ずこの処理を行なわなければなりません。また、従来のフロンガスより環境に優しい代替フロンを搭載するメーカーも増えています。

     

     

    特定家庭用機器とは。またその理由とは。

    家電リサイクル法が該当するのは特定家庭用機器となっています。一般の家庭において日常生活に利用している多くの電化製品のうち、定めた内容に該当する製品が選定されました。まず、各自治体が保有する廃棄設備での廃棄が難しく、再利用する技術ないために廃棄処理が困難と判断された製品。また、廃棄対象の製品には貴重な資源がふくまれていて、微量であってもリサイクルして再利用する価値が高いと判断された製品。

     

    そして、製造メーカーの設計や使用している原料にそれぞれ特徴があるため、全ての製品を同じ方法でリサイクルすることは難しいと判断された製品。そして流通数が多く、小売業者が収集・廃棄の運送を請け負ったとしても業務に支障が発生するとは考えにくいと判断できる製品などが基本となって選ばれています。

     

    特定家庭用機器には4種類が選定されています。まず家庭用のエアコンです。室内機と室外機がある壁掛けタイプ、ウィンドタイプ、据え置き型のセパレートタイプが選定されています。電気のみで稼働するタイプばかりでなく、石油・ガスなどを併用するハイブリッドタイプも該当製品となっています。

     

    エアコンの他には、ブラウン管タイプ、液晶、プラズマタイプのテレビが該当します。この他には、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機が選定されています。これらの商品は新規購入の些細にはリサイクル券の購入が必要になります。リサイクル券には、リサイクル費用、収集運搬費用、振込手数料が含まれています。特定家庭用機器のリサイクルは、製造メーカー、小売店、消費者、地方自治体などによって推進体制が摂られています。また、家電輸入業者はこの推進体制に含まれています。

     

    特定家庭用機器には例外があり、該当する製品であってもリサイクル法では廃棄できません。充電式・電池式のポータブルテレビがそのひとつです。また、エアコンにおいても対象外となる製品が明記されています。エアコンにはマルチタイプがあり1台の室外気で複数の室内機を接続することができて便利ですが、壁掛けイブ以外は対象外となっています。天井埋め込み型、壁面埋め込み型、吊り下げ型が該当します。

     

    また、オフィスや店舗で使用しているエアコンでも家庭用としてメーカーが発売している製品はリサイクル法に該当します。再利用できる製品、原材料を再利用することでゴミの減量、天然資源の保護に役立たせることができるのです。それが特定家庭用機器を定めたリサイクル法の目的です。

     

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • エアコンメーカー主要10社のリサイクル対策
  • エアコンの回収/処分にまつわる3つの背景
  • 4つのタイプのエアコン回収/処分に関する注意点
  • エアコンの整理・お手入れに関する4つの項目
  • エアコンに関する9個のお役立ち情報
  • エアコンの取り外しに関する5つの項目
  •  

    同じテーマの他の記事

  • テレビの処分に関する4つの法的観点
  • 冷蔵庫の処分に関する4つの法的観点
  • 洗濯機の処分に関する4つの法的観点
  • パソコンのリサイクル料金や法律に関する4つの項目
  • 廃棄物の処理問題に関する12の法的観点
  • 廃棄物を扱う責任/資格に関する6つの情報
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP