広告

 

> > > >

 

エアコンメーカー主要10社のリサイクル対策

 

クエスチョン

メーカーによって処分方法は変わりますか?

アンサー

申し込み先が変わるだけで、料金や流れはほとんど変わりません。

 

ただ、メーカーが違う他の家電処分を考えている場合、別々の申し込みになり手間がかかってしまうので、一回で済む回収業者が便利かもしれません。

 

目次

 

各メーカーのエアコンに対するリサイクル対策は異なり、力を入れている場所も変わってきます。メーカーにより収集運搬費用や回収方法も変わるので、処分を申し込む際は確認が必要になります。それではそれぞれのメーカーによるエアコンのリサイクル対策を見て見ましょう。

 

会社

 

  • 富士通
  • 日立
  • パナソニック
  • 三菱
  • ナショナル
  • ダイキン
  • コロナ
  • サンヨー
  • シャープ
  • 東芝
  •  

     

     

    富士通のエアコン回収とリサイクル対策

     

    エアコン

     

    富士通では地球温暖化の対策の一環として、家電リサイクル法を遵守しています。この法律は指定された家庭用の4品目の家電に限定して施行しています。そのため、指定を受けているエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機のは自治体に粗大ゴミとして廃棄を依頼することはできません。

     

    本来、家電リサイクル法は、エアコンなどの廃棄を規定したものではなく、限りある資源を大切にリユース・リサイクルすることを目的にしています。再利用するものはきちんと分別して利用し、再利用が難しい部分は再商品化を目指して粉砕、燃焼などの処理を行ないます。富士通のエアコンの回収では、エアコンに含まれるフロンの回収も大切な処理ポイントです。室内機から室外にホんプダウンを正しく行わなければ、大気中にフロンが流出してしまい、オゾン層の破壊に影響を与える可能性があるのです。フロン自体は人間に害があるものではありませんが、地球にとっては有害な物質です。地球環境を考えた製品づくりは、家電メーカーにとって究極のエコ活動です。

     

    富士通のエアコンの回収は、最終的にリサイクル専門会社として設立した富士エコサイクルに全面的に廃棄業務を委託しています。そして、リサイクル工場で得られた情報を元に、新しい製品設計のために活用したり、製品の再商品化率の向上を目指しています。また富士通ゼネラル、シャープ、三菱電機など計5社が相互に協力し合うことで強力なリサイクルのシステムを構築しました。これらの会社のエコに対する理念は、大量の生産・消費・廃棄することによる無駄を排除して、少ない資源でも将来的に有効利用できる環境を整えるということです。

     

     

    日立のエアコン回収とリサイクル対策

     

    家電リサイクル法の目的は、資源の保護、貴重金属の再利用、自然環境の保持などです。というのも、家庭用電化製品は研究と試行錯誤を重ねて新製品が次々と発表されていますが、一方で型落ちしただけで廃棄ざる製品もあります。これまでは自治体の単位で粗大ごみを回収し、埋め立てて処理をしていました。しかし、枯渇が心配される天然の素材や製品に仕様されている部品の中には、十分に再利用できるものも少なくないのです。リサイクル法では、このような懸念を解消でき、環境保護への取り組みを推進することができるのです。

     

    日立のエアコンの回収をした後のリサイクル作業を行なうために、関東エコリサイクルが設立されました。このプラントは生産とリサイクルが一体になった循環型工場という特徴を持っています。そして、この工場から発信される情報が製品の設計のために活用されることで、将来的に製品の再商品化ができる比率を向上させ、地球の環境保全に貢献することを目標にしています。また、家電製品のリサイクル目標は単独で行うよりは、同業他社との競合・協力によって推進したほうがより効果的であることから、日立、三菱、シャープ、ソニー、富士通の5社で環境配慮型の最新の設備を業者間で相互利用できるリサイクルシステムの構築もしています。

     

    大量生産、大量消費、大量廃棄という非エコな連鎖を断ち切ることが、循環型の社会の構築には必須条件となることを認識することが将来のためにはとても大切な経営理念です。地球の環境は日々悪化していますが、水際で食い止めたるには1日でも早い段階で家電製品の循環サイクルを確立しなければなりません。家電リサイクル法では、家庭用の4品目の製品に注目をして製品の廃棄の方法を規定しています。なかでも、エアコンにはオゾン層にはもっとも悪影響を与えるフロンガスが利用されています。フロンは人間にまったく害がないのですが、地球のオゾン層に穴をあけてしまいそれによって気温が異常に上昇する原因となっています。製品を撤去する際には、フロンが大気に流出しないように慎重な作業が必要なのです。そのためには製品を撤去する業者は正しい技術を修得していなければなりません。日立では環境に配慮した製品作りだけでなく、環境を守る製品づくりにも力を入れています。

     

     

    パナソニックのエアコン回収とリサイクル対策

     

    家電の廃棄は簡単ではありません。それぞれに適切な方法で廃棄もしくはリユースしなければ、含まれている成分がいずれは枯渇してしまいます。後の時代の人たちに残すためにもパナソニックのエアコンの回収はそのような環境に配慮したリサイクルの方法を実践しています。

     

    特に、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は特定家電として設定され廃棄にはサイクルが必須条件となっています。廃棄する家電用にリサイクル券を購入し、パナソニックのエアコンの回収依頼は販売店に連絡をします。そして、メーカーに戻った家電は、ひとつひとつ部品に分解され、製造製品の一部として利用されたり、熱源や全く別の製品などに加工して使用されるのです。

     

    このようなシステムが必要なわけは、地球環境が悪化し続けていることに原因があります。天然資源はやがて枯渇してしまいます。その最悪の時をできる限り遅くするために、製品に利用されている資源や原材料などはできる限りリサイクル利用しようという動きが高まっています。たとえば消費者、販売店、製造メーカーは三位一体となって製品や部品が無駄にならないようにお互いに監視を行ないます。資源の確保と維持のためには面倒と感じても必要なことです。かつては循環型の生活を送っていたのですから心積もり変えるだけでもエコな生活を送ることができるはずなのです。

     

    パナソニックのエアコンの回収で最も多いのはセパレートタイプです。室内機と室外機で1セットの扱いになります。この費用は基本的には全国で統一されています。室外機がオーソドックスなタイプより数段大きい場合には料金に上乗せになることもあります。ウィンドウエアコンも廃棄の依頼をすることができます。家電リサイクル適用外となるタイプがあります。壁面・天井に埋め込みになっているタイプです。どうしても廃棄したい、新しくいしたいと考える場合には、大がかりな工事が必要になってしまいます。また、エアコンには大気に有害なフロンが使用されています。取り外しには自己流で無理をせず、販売店や工事店を探してより良い方法でエアコンの取り外しをしてもらわなくてはなりません。

     

     

    三菱のエアコン回収とリサイクル対策

     

    三菱は人気、シェア率もとにトップクラスの家庭用のエアコンを消費者に向けて製品を送り出しています。製品には省エネ性能をアップするための工夫として室内機のコンプレッサーにレアアースを使用しています。これは三菱の製品に限ったことではなく他社も利用しています。

     

    レアアースは電子機器などに有用な効果を持っているのですが地球規模で埋蔵量が枯渇傾向にあり、特に日本ではほとんどを輸入に頼らざるを得ない状況です。そのためリサイクルによって再利用することがメーカーにとっては大きな研究課題となっていました。というのも、レアアースの使用量は極病なため、三菱のエアコンの回収をして部品を分解したてしても取り出すことが非常に難しいのです。そのためレアアースを利用しているメーカー各社は製品の価格をアップせざるを得ない状況になっています。

     

    しかし、三菱電気は廃棄対象の家庭用のエアコンからレアアースを回収する装置の開発に成功しました。経済産業省の支援を受けてレアアース磁石の回収ができる自動解体装置を完成させました。この成功で1台あたり30秒あれば貴重なレアアースを取り出すことができるようになったのです。回収されたレアアースは原材料として再び製品の原材料の一部として利用されます。

     

    レアアース

     

    また、家電リサイクル法の施行によって三菱のエアコンの回収も自然環境保護に対応した処理が求められています。この法律に適用される特定家電はエアコンの他にテレビ、冷蔵庫、洗濯機と4品目あるのですが、これらの製品を廃棄する際には消費者はリサイクル券の購入が義務となりました。リサイクル券で支払われた費用は、販売店の回収・運送費用、製造メーカーのリサイクル費用に活用されます。この三者が協力して循環型社会が形成されれば、地球環境に優しい社会を維持できるようになるのです。

     

    リサイクル券には、製品のリサイクル費用、改修費、手数料が含まれています。三菱電機の製品ではビーバーエアコンが対象製品になっています。室内機、室外機、の他にリモコン、取り付け金具、据え付け部品も引き取りの対象となっています。リサイクル法が適用されるのは、一般的な壁掛けセパレートタイプの他に、壁掛けのハイブリッドタイプ、壁掛けガスヒータータイプ、床置き式でもセパレートタイプとハイブリッドタイプとなっています。ハイブリッドは熱源に石油、ガス、電気を併用しているタイプです。

     

     

     

     

    ナショナルのエアコン回収とリサイクル対策

     

    リサイクル

     

    ナショナルのエアコンの回収には、リサイクル料金が必要になります。リサイクル料金はリサイクルプラントでのリサイクルの費用、引き取り場所の設置、搬送費などを合計した金額になっています。また、1台当たりの料金設定となっていて全国で価格は統一されています。そして、ナショナルエアコンの回収で廃棄する製品として受け入れた後にはリサイクルプラントで、製品のひとつひとつを部品に分けて新しい製品に利用したり、部品として用出来ない場合には加工してまったく別の製品に生まれ変わり利用されます。

     

    家電リサイクル法では、製造メーカは課せられた責任を果たさなければなりせん。廃棄のために受け入れたとしてもナショナルエアコンの回収に代表されるように、様々な形でリユースやリサイクルできる方法を取り入れなければならないのです。ナショナルエアコンの回収の依頼をするにしても家電リサイクル法の適用外の製品もあります。通常のセパレートタイプ、据え置きタイプ、マルチタイプなどは問題なくリサイクル券があれば引取りができます。天井や壁面に埋め込んであると、室内の凹凸がすくなくなりスッキリとした感じにすることができます。

     

     

    ダイキンのエアコン回収とリサイクル対策

     

    ダイキンのエアコンといえば、除湿効果が抜群という口コミがあります。また、パワーの強さが売りとなっています。家庭用の製品部門では知名度はトップとは言えませんが、業務用の部門ではトップシェアなのです。パワフルなのに稼働音が静かなのが特徴です。高性能のエアコンを市場に送り出しているダイキンのエアコン回収とリサイクル対策は徹底しています。冷媒にフロンが利用されていることで環境問題が懸念されてきました。そのため、家電リサイクル法を制定して、極力地球の環境を汚さないような取り組みが家電業界全体で行われているのです。ダイキンも地球温暖化阻止のために製造メーカーとしての責任を持って対処しています。フロンガスは無味無臭で人間が浴びても全く問題はありません。しかし、地球のオゾン層にとっては悪影響を及ぼす存在です。

     

    たとえば、世界中の工場ではテスト運転のために充填したフロンガスはテスト後には回収・破壊処理を必ず行っています。日本国内とタイには自社内に破壊設備が設けられています。販売した製品がに搭載されている冷媒が運転中に漏れ出さないように日夜テストと研究がつづけられてもいるのです。どんなことがあっても大気中にフロン放出しないという強い意志をもって製品の販売・開発につとめているのです。

     

    修理においても自社が契約するサービス・施工スタッフはフロンの回収を真っ先におこないます。大気汚染が深刻な中国やアジア圏においては、サービス拠点すべてに冷媒回収装置を設置して環境保護に貢献すべく対策を行なっています。

     

    家電リサイクル法では、消費者、販売店、製造メーカーが一丸となって環境の保護に努めるシステムの構築をしています。ダイキングループではフロンガスの回収から破壊までの処理工程を一括して管理できるシステムの実践をしています。通常、ダイキンのエアコン回収とリサイクル対策は消費者から販売店へ連絡が届き、販売店からメーカーに連絡をして処理をするシステムになっています。ダイキンメーカーの責任としてフロン回収破壊事業を設け、365日24時間体制で受け付けをしているのも特徴です。

     

    また、より環境に配慮した製品を開発するために、冷媒回収専門の技術の資格取得のために研修を実施して資格取得者の増員につとめています。この研修は欧州においても実施され、欧州の規制値にも対応できるようにつとめています。

     

     

    コロナのエアコン回収とリサイクル対策

     

    コロナのエアコン回収においては、環境マネジメントシステムの推進によって、目的とする環境、目標のために自然環境の保全活動を行なっています。特にエアコンには大気汚染に深いかかわりがあるフロンが使用されています。空気中に流出すれば大気に悪い影響を及ぼしてしまいます。フロンガスを流出させないことも大切な回収技術です。コロナの企業理念は、快適・健康で環境にやさして心豊かな生活になくてはならい企業です。コロナのエアコンの回収を通じて、この理念の実現に向けて取り組んでいます。また、コロナは消費者の生活の向上、地球の環境保護のために有効な製品の研究開発にも努めています。

     

     

    サンヨーのエアコン回収とリサイクル対策

     

    現在、地球は大変な状況にあります。これまでの大量に生産し、消費するという姿勢や簡単に廃棄をしてしまうという姿勢によって地球のあちこちでは悲鳴が上がっています。大気汚染になったり、地球の表面温度が上昇したりと言う状況が発生しています。

     

    そこで、地球の環境を保全し、天然資源を枯渇させないための処置が必要となりました。家電リサイクル法はそのような対策のひとつと考えても良いでしょう。粗大ゴミとして自治体が引き取ることができなくなりましたので、サンヨーのエアコン回収にはリサイクル券を購入して販売店経由で製造メーカーに廃棄をすることになります。

     

    サンヨーのエアコンの回収には、企業倫理が深く関係しています。企業は社会の公器という考え方から社会の健全な発展に役立つことが目標です。そのため、世界中にある事業所は一致団結して、環境や資源の問題に取り組んでいます。世の中がグローバル化している中、エコに対する考え方もグローバル化が必要となっています。製造したら廃棄するのではなく、製品ばできるだけ長く利用し、廃棄するまで利用した後は、また次の製品のために一部の部品を使用して、それも無理な状態になったら他の製品の一部として生まれ変わることが求められています。メーカーでは、どのようにすれば有効に利用できるのかを研究し、より良い方法でリサイクルできる方法を開発しています。

     

    これまでは、新製品が発売されたら乗り換えて前の製品は廃棄する、というのが一般的でした。ところが家電リサイクル法が施行されてからはとことん最後まで利用するという考え方に代わってきました。壊れるまで利用する、買い替えの時はリユースのとして利用すにするなどです。できる限り利用する、もしくは買い替えの時にはリユースにするなど、廃棄は最後の最後と考えるようになりました。

     

     

     

     

    シャープのエアコン回収とリサイクル対策

     

    シャープは計算機のイメージが強い会社ですが、エアコンも人気があります。シャープのエアコンの回収は関西リサイクルシステムズが行っていて、積極的にリサイクル活動を推進しています。関西リサイクルシステムズは三菱マテリアルと共同で運営しているリサイクルプラントです。リサイクルに関わる事業はこの会社を中心に展開しています。この会社が目指しているのは、消費者、販売店だけでなく自治体に対しても便宜を考えた仕組みを構築しています。そのためにはリサイクル率の向上のための活動を行ない、使用来的には埋め立て率がゼロになることを目標としています。

     

    シャープのエアコンの回収は主に関西リサイクルシステムズによって行われています。共同運営会社ばかりでなく、同業の4つの会社とも連携をすることで環境に配慮した最新の設備を相互に利用することが可能となりますので、環境に配慮したリサイクルのシステムの構築が比較的楽に行えるようになります。

     

    地球温暖化が危惧されるようになって久しいですが、その対処方法のひとつとして循環型社会の構築があります。消費者、販売店、製造メーカーが三位一体になってエコ活動に取り組むことによって、この理想は実現が可能になります。また、実現のために家電リサイクル法が制定されました。これは、この法律に該当するのは特定家庭用機器の4品目です。エアコン以外にテレビ、冷蔵庫、洗濯機が規制の対象になっています。これらの家電は消費者が勝手に廃棄することはできません。シャープのエアコンの回収は必ずリサイクル券を購入して、購入した店舗などからメーカーに配送されるように手配する必要があるのです。メーカーは販売した商品に対して責任を持って最終的な廃棄までを見届ける必要があるのです。

     

     

    東芝のエアコン回収とリサイクル対策

     

    家電メーカーの老舗である東芝はエアコンにも定評があります。家庭用の家電製品に対してリサイクル法が制定され、廃棄には費用が必要となりました。費用には、リサイクル料と回収にかかる運送費そして手数料が含まれます。

     

    目的は、温暖化が進む地球環境の保護が主な理由です。エアコンには冷媒としてフロンガスが使用されています。これはオゾン層の破壊に大きく影響を与えて地球の温度を上げてしまうリスクがあります。このようなリスクを抱えている製品の廃棄業務を自治体に廃棄を委託してしまうと、製品に含まれるフロンガスが大気中に漏れてしまう懸念があったこと、またメーカーごとの再利用化が難しいことなども挙げられます。法律を制定することによって、消費者、販売店、製造メーカーが三つ巴になって循環型社会の実現を目指すことができるようになるのです。自治体への廃棄はできなくなりますし、費用もかかってしまいますが、地球環境を守るためには適切な処置といえるのです。

     

    東芝のエアコンの回収は家電リサイクル法に準拠するために全国の拠点に指定の取引場所を定め、リサイクル処理のための工場も設立しました。これによって回収した東芝のエアコンの回収が効率よく行うことができるようなりました。

     

    メーカーが担っている責任を遂行するために、製品の設計段階から環境に負荷をかけないことを念頭にいれ、リサイクルしやすい製品づくりを推進しています。そのため、東芝のエアコンの回収で収集した製品の分解や分別を専門に行うリサイクル処理プラントを建設しました。東芝キャリア株式会社ですが、ここで廃棄処理を請け負っているのはTOSHIBAのロゴが入っていルームエアコンに限られています。この結果東芝では、ルームエアコンの再商品化率が8割以上という高い確率で効率よく回収されています。

     

    また、フロンなどの放出されると環境被害を及ぼす物質の処理に特化した西日本家電リサイクル株式会社の設立もしています。この会社では東芝のエアコンの回収を行なって集めた製品を細かく部品ごとに分解して再生・再資源化を行なっています。また、リサイクル率の向上のための工夫や研究も行い最先端の処理技術の研究に生かしています。東芝は適正な処理を行なって自社製品の有効利用と注環境保護に努めています。

     

     

    メーカー別の処分ポイント
  • メーカーごとに窓口があるので、使用している機種から判断して直接問い合わせることができる
  • エアコン処分にはメーカー関係なく、リサイクル法を守って廃棄する必要がある
  •  

     

    同じテーマの他の記事

  • タイプ別のエアコンと基本料金
  • 掃除とお手入れ
  • 買い換えるときに注意
  • 取り外し
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP