広告

 

> > >

 

「エアコン」の処分比較検証


エアコン処分


「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢の中から「エアコンを処分」する選択肢を選ぶことになれば、

 

  • 指定引き取り場所に持ち込む。
  • 小売業者に収集依頼する。
  • 不用品回収業者に依頼する。
  • 産業廃棄物処分場で処分する。(法人のみ)
  •  

    という選択肢の中から、最適な処分方法を検証する必要があります。ここでは、そんなエアコンの最適な処分の比較検証を行います。

     

  • リサイクル家電とパソコンの処分比較検証
  • エアコンの処分徹底検証
  • 処分の際のチェックポイント
  • Slide share(スライドシェア)によるプレゼン
  •  

     

     

    リサイクル家電とパソコンの処分比較検証

     

    エアコン回収

  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • パソコン
  •  

     

    「エアコン」のリサイクル処分と不用品回収を考察

     

    エアコン回収

     

    「エアコン処分費用」

    比較


  • 『リサイクル処分』¥1,620~
  • 『不用品回収依頼』¥0
  • 『産業廃棄物処分』¥2,000~
  •  

    収集運搬費(及び基本料金)

    比較


  • 『リサイクル処分』¥3,000~
  • 『不用品回収依頼』¥0~
  • 『産業廃棄物処分』収集不可
  •  

    搬出作業(及び人手や車)

    比較


  • 『リサイクル処分』不要or必要(持込)
  • 『不用品回収依頼』不要or依頼先により必要
  • 『産業廃棄物処分』必要or依頼可
  •  

  • 地域別の持込場所一覧
  • メーカー(製造業者等)別リサイクル料金一覧(外部)

     

     

    チェックポイント

     

  • エアコンが不要になった場合、まだ使えるものは買い取りをまず考えましょう。5年以内のものなら買い取りの可能性はあるでしょう。
  •  

  • また、知人などに譲るのもいいでしょう。よほど劣化していない限り、10年もののエアコンでも賃貸住宅などではよく見かけます。特に、学生の一人暮らしの場合には、エアコンが喜ばれます。
  •  

  • 故障しているものについて、他の使用方法を考えると、空気を出すことができるならば送風機として使えます。分解して中のモーターなどを取り出してDIYに流用してもいいでしょう。
  •  

  • 処分をするとなれば、例えばリサイクル法に則り、購入店、買い替え点での回収を依頼するというものがあります。その場合、回収後はまず環境への大きい物質の処理と洗浄が行なわれ、使える部品などは再利用されます。金属部分なども溶かしたあとで他の製品へ生まれ変わるというわけです。
  • (例 Panasonicの:エアコンリサイクル方法)(外部)

     

  • また、不用品回収業者への依頼も選択肢の一つです。販売メーカーではなく、回収業者に引き取りを依頼するときは、メリットデメリットをきちんと確認して、リユースの行方が明確な業者に依頼するように注意をしましょう。
  •  

  • エアコンを長く使用するコツとしては、面倒であっても定期的に掃除をすることです。掃除といっても業者に依頼するクリーニングではなく、掃除機などで簡単にできる掃除です。調子が悪くなり修理をする場合、中古エアコンを購入するのと同じくらいの料金がかかる場合もあるので、気がついたときにはお手入れをすることが重要になります。

     

  • 環境省からの注意:正しくリユース、リサイクル
  • 関連リンク:不用品回収は違法?法的観点からの徹底検証。
  • それぞれのメリットやデメリット
  •  

     

    回収依頼が多いエアコンメーカー

     

  • 富士通
  • 日立
  • パナソニック
  • 三菱
  • ナショナル
  • ダイキン
  • コロナ
  • サンヨー
  • シャープ
  • 東芝
  •  

     

     

    エアコンを処分する前に考えること

     

    エアコンの回収をするときに注意しなければならないのは、取り外しの際のフロンガスです。フロンガスが漏れてしまうと、空気中にフロンガスが発散してしまい、オゾン層の破壊につながってしまいます。

     

    オゾン層が破壊されるとどうなるかというと、太陽からの紫外線の影響を強く受けるようになってしまいます。オゾン層というのは、太陽の有害な紫外線を守る役割を果たしてくれているのです。オゾン層がなければ、地球の生物はたちまち太陽の強い紫外線に焼かれてしまい、黒コゲになってしまいます。オゾン層がなくては生きていくことはできないのです。エアコンから出てくるフロンガスというのは、まさにそのオゾン層を破壊してしまうだけの有害物質なのです。

     

    国家レベルで環境保全を話し合う昨今ですが、その中でも一番有力だと言われているのは、大規模な環境保全計画よりも、エアコンのフロンガスだとか、そういった個人一人ひとりの小さな努力なのです。酸素をつくり、オゾン層をつくる大自然や植物に、我々は感謝しなければいけませんね。それらと共生していかなければ、我々は生きていけないのです。エアコンの処分をするとき、スプレー缶の処分をするとき、このことを思い出していただけたら、適正処分を心掛ける弊社としても本望です。

     

     

    つぶやきテーマ『エアコン』

     

    エアコンは、善なのか悪なのかよくわかりませんよね。つけるとつけるでオゾン層を破壊するとか、電気代が高いとか、省エネではないとか。消すと消すで、熱中症で亡くなる方が出るし、私のような体質の人はあせもだらけになってしまって不衛生かつ、その分シャワーの回数が増えて水道代とガス代が増えます。

    でも、昔はエアコンなんて当然ないし、ないほうが健康的だったという説もあります。女性は逆に夏場はエアコンの効きすぎで寒い思いをするし、消すと男性が暑い思いをします。エアコンのリモコンや温度の奪い合いで争ったりしてしまうこともありますよね。そう考えると、エアコンの善し悪しがよくわかりません。

    しかし、物事全てにおいて、ケースバイケースですよね。いい時もあれば悪い時もある。例えば、寒くて凍えた人には太陽の陽射しに涙を流して感謝しますが、砂漠で遭難して水に飢えている人からすれば、太陽を恨むことになるんですよね。人生とは、そういうものなんですよね。

     

     

    処分方法や流れ

     

    下記の『Slide share(スライドシェア)』をご覧ください。(右下のフルスクリーンボタンを押せば、小さい文字も見えるようになります。フルスクリーンが成功しない場合は、ブラウザを変更してください。)

     

    不用になったリサイクル対象家電 from salvage-enterprise

     

    FAQ/よくある質問

    FAQ

  • 現場で急に追加料金を取られるのでは?
  • 回収したエアコンはどこへ捨てているんですか?
  • 『不用品回収業者に依頼しないで』という環境省のページを見つけたのですが?
  • 家電が重たくて外まで出せないのですが、お願いできますか?
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP